SadunのSample - RとLinuxと...

RとLinuxと...


SadunのSample

iPhone_Dev

エリカ サドゥン『iPhone デベロッパーズ クックブック』 [#b2f432dc]

さまざまなコントロールやAPIの解説,サンプルコードが詳しく書いてあって便利.

ただ,p.26 で説明されているように,ほとんどのサンプルで,一枚のmain.m ファイルに複数のクラス定義が含まれている.ソフトの効率的開発を説明した本ではないので,これで十分だろうが,後々のことを考えて,クラスファイルを分割して利用する.といっても,ViewBased? App テンプレートを作成したら,サドゥンのサンプルの main.m から,

@interface *Controller
...
@end

を自分で作成したプロジェクトの *Conroller.h に,また

@implements *Controller
...
@end

を*Conroller.m に適宜名前を変更して移動する. 同じように

@interface *AppDelegate
...
@end

を自分で作成したプロジェクトの *AppDelegate?.h に,また

@implements *AppDelegate
...
@end

を *AppDelegate?.m に移動するだけである.ただし main.m の修正は必要.

   int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil,nil);
   int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil, @"Sadun66AppDelegate");

HelloViewController?の @implements にある UIView *contentView; を ヘッダファイルで定義しておく。

 
Link: iPhone_Dev(3398d)
Last-modified: 2009-05-07 (木) 12:06:44 (3638d)