SoftArchive のバックアップ(No.8) - RとLinuxと...

RとLinuxと...


SoftArchive のバックアップ(No.8)


software

_ 試用用データセット

filetestSetWin.zip(Windowsの方、Shift-Jis) : &ref(): File not found: "testSetUnix.zip" at page "SoftArchive"; (MacおよびUnixユーザーの方, utf-8 ファイル): 解凍後,中に含まれる data フォルダをドライブの先頭にコピーして,RMeCab?.R ファイル内のコードを実行します.詳しくはフォルダ内の README.txt を読んでください.

_ RMeCaBパッケージ

_ バージョン 0.35

  • Windows バイナリ,バージョン 0.35 &ref(): File not found: "RMeCab_0.35.zip" at page "SoftArchive";
  • Macintosh バイナリ,バージョン 0.35 &ref(): File not found: "RMeCab_0.35.tgz" at page "SoftArchive";
  • Linux バイナリ,バージョン 0.35 &ref(): File not found: "RMeCab_0.35.tar.gz" at page "SoftArchive";
    • 英文マニュアルを一部作成.C++コードを一部手直した.それに関連して R コードを見直した.

_ バージョン 0.34

  • Windows バイナリ,バージョン 0.34
  • Macintosh バイナリ,バージョン 0.34
  • Linux バイナリ,バージョン 0.34
    • 日本語・文書ターム行列の作成関数を追加.また行列に重み(TF/IDF)をつけられるようにした.

_ バージョン 0.33

  • Windows バイナリ,バージョン 0.33 &ref(): File not found: "RMeCab_0.33.zip" at page "SoftArchive";
  • Macintosh バイナリ,バージョン 0.33 &ref(): File not found: "RMeCab_0.33.tgz" at page "SoftArchive";
    • データフレームを第一引数として,第二引数で指定された列に含まれる日本語文章を解析して返す.

_ バージョン 0.32

  • Windows バイナリ,バージョン 0.32 &ref(): File not found: "RMeCab_0.32.zip" at page "SoftArchive";
  • Macintosh バイナリ,バージョン 0.32 &ref(): File not found: "RMeCab_0.32.tgz" at page "SoftArchive";
    • ファイルを読み込んで形態素原型とその頻度表を作成し,データフレームとして返す関数を追加

_ バージョン 0.2

  • Windows バイナリ,バージョン 0.2 &ref(): File not found: "RMeCab_0.2.zip" at page "SoftArchive";
  • Macintosh バイナリ,バージョン 0.2 &ref(): File not found: "RMeCab_0.2.tgz" at page "SoftArchive";
    • 形態素原型をえるオプションを追加

_ バージョン 0.1

  • Linux バイナリ,バージョン 0.1
    • とりあえず動くだけのもの.