R_old_tips2 - アールメカブ

アールメカブ


R_old_tips2

R_old_tips

_ R_Primitive

_ R_iconv

_ R_reshape

_ Rで正規表現

_ R文字コード変換

_ 平方和の違い

_ R_order

_ R_Mixed-Effects_model

_ readRegistry

_ sapplyの使い方

_ Rのスコープと環境R_scope_environment

_ チルダ演算子 R_tilde

_ Rによる潜在意味インデキシング R_lsa

_ R_cosine距離

_ トレリス・グラフィックスパラメータの取得R_trellis.par.get

_ R_Lattice

_ Power PC 版 Mac 用パッケージ R_PowerPC

_ 二度を超えるセーブバージョンの使用廃止予定です

_ パッケージの作成 Rpackage_build

_ R-2.8.1のインストール

パッケージのインストールのたびに tcl のウィジェットが起動するのはうっとうしいので,次のようにコンパイルした.

./configure --without-tcltk

_ 多重ロジットモデルの結果の解釈方法

_ サンプルを二つに分ける方法

_ 作業中にパッケージを取り外すには

detach(package:MASS)

_ 正規分布とT分布の比較の話で

_ ローケルの確認

_ R_GGobi

_ R_ファイル処理

_ Rで漢字を読み方順に並べる RdeKanjiSort

_ R_rownamesとrow.names関数

_ R_source関数

_ eval()関数とparse()関数

_ R_文字を要素とするベクトルを結合する

_ パッケージを引用したい時

citation("hoge")

_ RjpWikiのRでグラフ理論

_ 横(列)に変数を取った横型データを縦型データフレームに変換

_ 効果を表す母数を識別するための制約

については:松田 紀之 著『質的情報の多変量解析』 の効果項の推定効果ベクトルβ, デザイン行列 X の構成,あるいはここの資料33ページをみるように.

_ R_winBUGS_structure

_ 資料:RでBayesの基礎 jags

_ 資料:RでBayesの基礎 ポアソン回帰

_ 長さが100のベクトル生成

_ xaxt_yaxt_パラメータと正規分布の図

_ RCaBoCha_make の作成

_ C++ソース内でベクトルの欠損値を見つけ出す方法

_ 因子と水準

_ 水準の再構成

_ R_カテゴリを融合する

_ R_データのカテゴリ化

_ R_ファクターの削減

_ 水準の順序化

_ 同じカテゴリには同じ色を使いたい

_ R_Alphabet

_ R_Tcl/TK

_ R_Cut関数の使い方

_ C++のソース側で文書行列の作成まで行ってしまう

_ C++のソースからRにMatrixを返す

_ R_CMD_check

_ R-2.7.0 で日本語を含んだ文字をプロット

_ 関数の表示のさせ方.忘れてた.

> methods(biplot) # で確認して
> getS3method("biplot", "default") 任意のメソッドを表示

_ R_列名が異なる二つのデータフレームを一つに統合

_ バイプロット R_biplot?

_ R_名前付きベクトルから名前を取る: as.vector() を使えば良い

_ R_文書ターム行列作成

_ R_Cソースでデータフレームを生成

_ R_Cソースで文字ベクトルを生成

_ Rパッケージ作成

_ 順序制約のあるカテゴリカルデータの扱いについては粕谷先生三中先生のサイトに説明がある

_ Rでベクトルの要素を別の集合の要素と比較する

_ Rで対応分析を実行する簡単な例 &ref(): File not found: "corresp2.R" at page "R_old_tips2";

_ R_ftable関数の出力からラベルを取り出す

_ R_二値の集計

_ R_font.size

_ R_ftableの属性

_ R_列名で列を削除する

_ Rでパッケージ作成

_ Rでリスト処理

_ 小技

_ 日本語形態素解析,和布蕪とのインターフェイス

_ RへCからリスト

_ RへCから文字列

_ Rと和布蕪

_ dim()関数が必要となる場面

_ RでBayes

_ Rでstring_Kernel

_ R_lsaで日本語

_ R_tokenizer

_ Rでコンコーダンサー

_ sprintf関数

は,ループ内ではさらに cat しないと出力しない模様

_ Rの正規表現

_ R_tmパッケージの使い方

_ R_Plot_Marginの処理

_ R_Sweave?

_ R_対数線形モデル

_ R_片側検定

_ R_複数のページに渡るグラフィックス

_ 語彙の成長曲線を描く lnre() 関数

_ R_lines

_ R_頻度区間調整

_ 調整済みRが大きくとも残差からモデルが否定される例

_ R_回帰分析とbreakpoint

_ R_Designパッケージ

_ R_SupportVectorMachines

_ ベクトルのリサイクル R_VectorRecyle

_ R_ClassificationAndRegressionTrees

_ R_Divisive_Clustering_diana関数とnj関数

_ R_Baayen

_ R_prcomp_proportion

_ R_2変量正規分布

_ R_コントラスト

_ R_4次元配列

_ R_二元配置モデルでの summary.lm のパラメータの意味

_ hidden_R_ESS

_ Macでのコンパイルオプション

_ 小技

_ 時間の取得

substring(Sys.time(),0,10)

_ 列に NA があるかをチェック

x <- c(1,3,NA,5,NA)
any(is.na(x))
which(is.na(x))
x[which(is.na(x))]
any(is.na(data$x))
data$x[which(is.na(data$x))] # それはどこ
# こんな風に書いてみても良いかな
ifelse(any(is.na( data$x )), which(is.na( data$x )), "not found")

_ 正規化された行列からの距離行列の作成

 sqrt(2 * (1 -   X %*% t(X) ) ) # 『Rで学ぶクラスタ解析』p.75より

_ anticonservative

p-value が小さすぎと... Baayen p.248

 
Link: R_old_tips3(666d) R_old_tips(666d) R_Baayen(1097d) R_Tips0(1220d) R_ClassificationAndRegressionTrees(1220d) R_font.size(1816d) RへCから文字列(2652d) R_ファイル処理(3415d) R_Cソースで文字ベクトルを生成(3697d) hidden_R_Cソースでデータフレームを生成(3713d) R_Alphabet(3801d) R_dnorm_dt(3987d) xaxt_yaxt_パラメータと正規分布の図(4005d) R_ftableの属性(4012d) Rでベクトルの要素を別の集合の要素と比較する(4075d) RでBayes(4100d) hidden_R_Packages(4133d) R_二値の集計(4142d) R_Primitive(4191d) R_列名で列を削除する(4192d) R_cosine距離(4193d) R_winBUGS_structure(4282d) R_Bayes_jags(4291d) R_Lattice(4319d) R_iconv(4392d) R_reshape(4401d) Rで正規表現(4402d) hidden_R文字コード変換(4406d) R_Mixed-Effects_model(4429d) 平方和の違い(4432d) R_order(4432d) readRegistry(4450d) R_sapply(4468d) R_データのカテゴリ化(4471d) R_ファクターの削減(4471d) R_reFactor(4471d) R_scope_environment(4472d) R_tilde(4474d) R_trellis.par.get(4475d) R_PowerPC(4499d) hidden_MacMake(4499d) R_lsa(4507d) 二度を超えるセーブバージョンの使用廃止予定です(4523d) Rpackage_build(4523d) R_multinom(4543d) R_対数線形モデル(4543d) R_sample(4544d) hidden_R_ESS(4567d) R_locale(4570d) R_GGobi(4577d) RdeKanjiSort(4585d) R_rownamesとrow.names関数(4597d) R_source関数(4599d) R_文字を要素とするベクトルを結合する(4599d) R_stack(4613d) Bayes_Poisson(4618d) 長さが100のベクトル生成(4622d) RCaBoCha_make(4639d) CPP_VECTOR_NA_FIND(4649d) R-2.7.0 で日本語を含んだ文字をプロット(4668d) R_Tcl/TK(4671d) R_Cut関数の使い方(4703d) R_tmパッケージの使い方(4706d) hidden_DocTermMatrix(4707d) hidden_R_Matrix(4713d) R_CMD_check(4717d) R_列名が異なる二つのデータフレームを一つに統合(4763d) R_文書ターム行列作成(4796d) R_lsaで日本語(4796d) hidden_RへCから名前付きベクトルを要素とするリストを返す(4803d) hidden_Rと和布蕪(4805d) hidden_R_ordered(4810d) R_ftable関数の出力からラベルを取り出す(4810d) Rでリスト処理(4823d) R_カテゴリを融合する(4825d) RへCからリスト(4868d) R_dim(4884d) Rでstring_Kernel(4888d) R_tokenizer(4907d) Rの正規表現(4919d) R_concordancer(4920d) R_Plot_Marginの処理(4936d) R_片側検定(4941d) R_複数のページに渡るグラフィックス(4961d) R_lnre(4962d) R_回帰分析とbreakpoint(4962d) R_lines(4962d) R_頻度区間調整(4966d) R_Adj.r.squared(4966d) R_Designパッケージ(4972d) R_SupportVectorMachines(4976d) R_VectorRecyle(4976d) R_Divisive_Clustering_diana関数とnj関数(4977d) R_prcomp_proportion(4978d) R_二元配置モデルでの summary.lm のパラメータの意味(4980d) R_2変量正規分布(4982d) R_コントラスト(4982d) R_4次元配列(4982d)
Last-modified: 2019-07-17 (水) 09:02:35 (666d)