SoftArchive のバックアップの現在との差分(No.11) - RとLinuxと...

RとLinuxと...


SoftArchive のバックアップの現在との差分(No.11)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[software]]

#contents

&size(18){[[R:http://cran.md.tsukuba.ac.jp/]]}; は [[ここ:http://cran.md.tsukuba.ac.jp/]] から,自分のOSにあったファイルをダウンロードしてください.例えばWindows版なら,''[Windows]->[base]''とクリックし,''R-2.*.*-win32.exe''をダウンロードします.後はダブルクリックを繰り返せばインストールできます.なお、Windows版の場合は起動直後に日本語の設定をしてください。メニューの
''[編集]->[GUIプリファレンス]->[Font]'' で ''MS Gothic'' を選び
''[save]'' を押して、保存先はデフォルトそのままに''マイドキュメント''に保存します。その後は  ''[OK]'' を押して操作を続行します。なおRを終了させる際、workspace(作業情報)を保存するかと聞いてきますが,Yes でも No でもどちらでもお好みで。

#contents
* 注意 [#heaccda4]
ダウンロードの際、''&color(red){ファイル名を一切変更しないください!};'' . Rはインストール時に、ファイル名と中身のチェックを行います.ファイル名が中身の情報と一致しない場合、インストールは行われません.特に Internet Explorer 6 はファイル名に [1] を付記することがあります.この場合は手作業でファイル名を元通りに変更してください.

* 試用データセット(2008年3月29日修正) [#eacb4dfc]
&ref(testSetWin.zip);(Windowsの方、Shift-Jis) : &ref(testSetUnix.zip); (MacおよびUnixユーザーの方, utf-8 ファイル): 解凍後,中に含まれる data フォルダごとドライブの先頭などにコピーして,その中の''RMeCab.R'' ファイル内のコードを実行します.詳しくはフォルダ内の ''README.txt'' を読んでください.


* RMeCaBパッケージ [#e01ed756]








* 開発状況 [#q17ea9cf]


- &color(green){2014 年 04 月 12 日 RMeCab_0.9998 公開}; for R-3.1.2

- &color(green){2014 年 04 月 12 日 RMeCab_0.9997 公開}; for R-3.1.1


- &color(green){2014 年 03 月 10 日 RMeCab_0.9995 公開}; for R-3.0.3
Maverick/Mac & Homebrew版R対応


- &color(green){2013 年 12 月 17 日 RMeCab_0.9994 公開}; for R-3.0.2
メモリを拡張


- &color(green){2013 年 10 月 17 日 RMeCab_0.9994 公開}; for R-3.0.2
特に修正なし


- &color(green){2013 年 08 月 24 日 RMeCab_0.9992 公開}; for R-3.0.1
mecab_0.996 に対応させたバイナリです.

RMeCabText()関数のメモリ上限を修正しました




- &color(green){2013 年 04 月 04 日 RMeCab_0.9980/90 公開}; for R-3.0.0
mecab_0.996 or 0.994 に対応させたバイナリです.

- &color(green){2013 年 03 月 19 日 RMeCab_0.997 公開}; for R-2.15.3
mecab_0.994 に対応させたバイナリです.


- &color(green){2012 年 10 月 27 日 RMeCab_0.996 公開}; for R-2.15.2
mecab_0.994 に対応させたバイナリです.



- &color(green){2012 年 06 月 25 日 RMeCab_0.995 公開}; for R-2.15.1
mecab_0.994 に対応させたバイナリです.


- &color(green){2012 年 04 月 03 日 Windows 版 RMeCab_0.994 (R-2.15.0) 公開};
Windows 64 bit 版で生じていた一部不具合を修正

- &color(green){2012 年 03 月 03 日 Windows 版 RMeCab_0.99{0}2.zip (R-2.14.2) 公開};


- &color(green){2012 年 02 月 17 日 RMeCab_0.990/1 (R-2.14.1 対応)};
mecab-0.98 と mecab-0.993 それぞれ別々に対応したバイナリを作り直しました.
前者用が RMeCab_0.990 後者用が RMeCab_0.991 です.


- &color(green){2011 年 12 月 30 日 RMeCab_0.99 (R-2.14.1 対応)}; 
R-2.14.0 でis.nan関数の仕様に変更があったので,これにあわせRスクリプトを書き直しました.その他に変更はありません.
%% なお開発は MeCab_0.98 をベースにしていますが,最近公開された最新のMeCab_0.99 でも動作します.%%

- &color(green){2011 年 11 月 01 日 RMeCab_0.98 (R-2.14.0 対応)}; 
R-2.14.0 用にコンパイルし直しました.また Windows用 64bit バイナリに修正を加えました.その他に変更はありません.

- &color(green){2011 年 10 月 11 日 RMeCab_0.97 (R-2.13.2 対応)}; 
R-2.13.2 用にコンパイルし直しました.また Windows用 64bit バイナリに修正を加えました.その他に変更はありません.

- &color(green){2011 年 07 月 11 日 RMeCab_0.96 (R-2.13.1 対応)}; 
R-2.13.1 用にコンパイルし直しました.また Windows用 64bit バイナリに修正を加えました.その他に変更はありません.

- &color(green){2011 年 04 月 14 日 RMeCab_0.95 (R-2.13.0 対応)}; 
R-2.13.0 用にコンパイルし直しました.また Windows用 64bit バイナリに修正を加えました.その他に変更はありません.


- &color(green){2011 年 03 月 02 日 RMeCab_0.94 (R-2.12.2 対応)}; 
R-2.12.2 用にコンパイルし直しました.特に変更はありません.Windows1の場合,R 32 bit あるいは R 64 bit のいずれかで 1 回インストールします.どちらでも使えるようになります.手動で libmecab.dll をコピーなどする必要はありません,


- &color(green){2010年 12 月 18 日 RMeCab_0.93 (R-2.12.1 対応)}; 
R 32 bit あるいは R 64 bit のいずれかで 1 回インストールします.どちらでも使えるようになります.


- &color(green){2010年 10 月 18 日 RMeCab_0.92 (R-2.12.0対応)}; 
R 32 bit あるいは R 64 bit のいずれかで 1 回インストールします.どちらでも使えるようになります.


- &color(green){2010年 8月26日 RMeCab_0.91 (R-2.11.1対応)}; mecabへの引数を追加

- &color(green){2010年 6月04日 RMeCab_0.90 (R-2.11.1対応)}; R-2.11.1 への対応以外に変更なし


- &color(green){2010年 5月10日 RMeCab_0.89 (R-2.11.0対応)}; すべての関数に dic 引数を追加し, ユーザー辞書を実行時にして出きるようにした(利用例 [[RMeCab.R:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]  utf-8 ).また Windows版には libmecab.dll を同封した.


- &color(green){2010年 4月23日 RMeCab_0.88 (R-2.11.0対応)}; collocate()関数の出力を変更.nodeの前と後それぞれの頻度を加えた.



- &color(green){2009年 12月17日 RMeCab_0.87 (R-2.10.1 対応): 特に変更なし.};


- &color(green){2009年 11月12日 RMeCab_0.86 (R-2.10.0対応): docNgramDF()関数のバグを修正。};

- &color(green){2009年 8月25日 RMeCab_0.85 (R-2.10.0対応): MeCab本体の最新バージョン(0.98)と組み合わせた。ほかに変更なし。};

- &color(green){2009年 8月25日 RMeCab_0.84 (R-2.9.2対応): あわせてdocNgram2(), docNgramDF()関数にバグがあったので修正.};

- &color(green){2009年 8月24日 RMeCab_0.83: NgramDF(), docDF()関数にバグがあったので修正.};

//- &color(green){2009年 3月30日 RMeCab_0.79pre:  docNgramDF()関数は,他の関数と異なり,文書(被験者回答)が行で,タームが列なので,重み付け関数に,行と列の指定ができるようにした.しかし微調整なので,RMeCab_0.78のままとした};
- &color(green){2009年 5月23日 RMeCab_0.82: collocate()関数のバグを修正.};
- &color(green){2009年 4月18日 RMeCab_0.79: R-2.9.0に対応.};



- &color(green){2009年 3月28日 RMeCab_0.78:  docDF()関数の効率が悪かった(解析に異常に時間がかかった)のを修正.また docNgramDF()関数は他の関数と異なり,文書(被験者回答)が行でタームが列なので,重み付け関数に行と列の指定ができるようにした.};

- &color(green){2009年 3月28日 RMeCab_0.77:  docDF()関数の効率が悪いので,とりあえずデータフレームの特定列を対象に,文字ないしタームの N-gram行列を抽出する docNgramDF()関数を追加しておいた};

- &color(green){2009年 3月27日 RMeCab_0.76:  NgramDF2()関数にバグがあったのを修正.またフリーズと誤解されないよう解析中に * を出力するようにした.};
- &color(green){2009年 3月23日 RMeCab_0.75: docDF()関数に co 引数を追加.ターム共起行列を作成する.};

- &color(green){2009年 3月19日 RMeCab_0.74:  docMatrix()関数,docMatrix2()関数,docMatrixDF()関数に co 引数を追加.ターム共起行列を作成する.};
- &color(green){2009年 3月10日 RMeCab_0.73:  docDF()関数のデフォルトのターム出力を全品詞に修正.};
- &color(green){2009年 3月5日 RMeCab_0.70: 汎用的な docDF()関数を追加.単独ファイル,ディレクトリ,あるいはデータフレームの特定列を対象に Ngram あるいは ターム文書行列を作成する.};
- &color(green){2009年 2月10日 RMeCab_0.67のRMeCabFreq()関数にバグがあった.内部でセパレータに , を利用していたため,このトークンを持つファイルを処理すると R が落ちてしまった.RMeCab_0.68を作成.};  
- &color(green){2008年 12月24日 R-2.8.1 用バイナリを作成.R-2.8.0には文字コードの不具合があったので修正を待っていた.};  

- &color(green){2008年 11月05日 R-2.8.1 バイナリを作成}; R-2.8.0には文字コードに関する不具合あり.
- &color(green){2008年 11月07日 Mac OS X 版,Linux版 R-2.8.0 に合わせたデータ修正.マニュアルも修正}; 
- &color(green){2008年 11月05日 R-2.8.0 バイナリを作成}; 

- &color(green){2008年 09月2日 RMeCab0.61 でとりあえず&color(red){安定版};とする}; 
- &color(red){機能追加}; &color(green){2008年 08月23日: RMeCab 本体にdocMatrix2()関数、docNgram2()関数、NgramDF2()関数を追加。それぞれ旧来のdocMatrix()関数、docNgram()関数、NgramDF()関数に機能を追加したもの。詳しくは、試用データセット&ref(SoftArchive/data2.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data2.tar.gz); (Mac, Unix) の &ref(SoftArchive/RMeCab.R); コード内のコメント、あるいはマニュアル &ref(SoftArchive/manual081108.pdf);をご参照ください.};
- &color(green){2008年 08月15日: RMeCab 本体をアップデート(docMatrix()関数のメッセージを少し詳しいものに変更.RMeCabDF()関数に列番号と列名のどちらでも指定できるようにした)};
- &color(green){2008年 8月2日: Rのライブラリがユーザーホームにある場合の環境設定ファイル&ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat); と&ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); を作成};
- &color(green){2008年 08月18日: RMeCab 本体に関数を追加.docMatrixDF()関数は,データフレームの指定列を対象に文書・ターム行列を作成.あわせて,マニュアル &ref(SoftArchive/manual0818.pdf);とデータセット &ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix)を作成し直した.};
- &color(green){2008年 08月15日: RMeCab 本体をアップデート(docMatrix()関数のメッセージを少し詳しいものに変更.RMeCabDF()関数に列番号と列名のどちらでも指定できるようにした)};
- &color(green){2008年 8月2日: Rのライブラリがユーザーホームにある場合の環境設定ファイル&ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat); と&ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); を作成};
- &color(green){2008年 07月22日: RMeCab 本体をアップデート(Ngram()関数の文字カウント機能のバグをフィックス)};
- &color(green){2008年 06月28日: docMatrix関数に出力メッセージを追加};
- &color(green){2008年 06月26日: RMeCab 本体をアップデート(RMeCabC関数のメモリ関係のバグをフィックス)};
- &color(green){2008年 06月18日: RMeCab 本体をアップデート(微調整で機能に変化なし)};
- &color(green){2008年 06月14日: RMeCab 本体と[[試用データセット>#data]]と&ref(RMeCab/manual.pdf); をアップデート};
//- &color(green){2008年 06月13日: RMeCab本体,testSet データとmanual.pdf  をアップデート};






**  使い方の手引き [#dc9de8f3]
- 2009年以降追加した関数や機能の説明はありません) &ref(SoftArchive/manual081108.pdf); 
-- お問い合わせはメールをください
ishida-m(この部分を"@"に変更下さい)ias.tokushima-u.ac.jp

//** toDO [#j4ac834a]
//R ソース側
// pos = "DEFAULT";
// ...
// if(pos == "DEFAULT")
// ...
//C++ソース側
// if(posN > 0 && flag){
// }
// else{
//  strcpy(pPos[0], meisiCode());
//  strcpy(pPos[1], keiyousiCode());
// }









* 現在のヴァージョン [#mc4c6ab2]

** バージョン RMeCab_0.9998  (for R-3.1.2)  2014 年 12 月 02 日 [#p6cc66e0]

- Windows (32/64) 用バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/win.html


- Mac Maverick 用 64 bit バイナリ 

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/maverick.html

- Mac Mountain Lion 用 64 bit バイナリ 
// - Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99920.tgz (&color(red){mecab_0.996};  + R-3.0.1

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/mlion.html

// - Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99900.tgz  (&color(red){mecab_0.996};  + R-3.0.0
// - Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99800.tgz  (&color(red){mecab_0.994};  + R-3.0.0

// http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/lion.html


// - Snow Leopard 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.998000.tgz  (&color(red){mecab_0.994}; + R-3.0.0

// http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/snow.html



- Ubuntu 64 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u64.html


- Ubuntu 32 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u32.html


** バージョン RMeCab_0.9980/90 (for R-3.0.0)  2013年 04 月 04 日 [#pc2546e4]

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-3.0.0) 

バージョン RMeCab_0.9980 for &color(red){mecab_0.994.exe}; 

バージョン RMeCab_0.9990 for &color(red){mecab_0.996.exe}; 



http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/win.html

- Mac Mountain Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.9990.tgz (&color(red){mecab_0.996};  + R-3.0.0
- Mac Mountain Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.9980.tgz (&color(red){mecab_0.994};  + R-3.0.0

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/mlion.html

- Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99900.tgz  (&color(red){mecab_0.996};  + R-3.0.0
- Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99800.tgz  (&color(red){mecab_0.994};  + R-3.0.0


http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/lion.html


- Snow Leopard 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.998000.tgz  (&color(red){mecab_0.994}; + R-3.0.0

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/snow.html



- Ubuntu 64 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u64.html


- Ubuntu 32 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u32.html





** バージョン RMeCab_0.997 (for R-2.15.3 ; R-2.14 でも使えます)  2013年 03 月 19 日 [#re366c0c]

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.15.3 ; R-2.14 でも使えます) 

バージョン RMeCab_0.997 for &color(red){mecab_0.994.exe}; ;

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/win.html

- Mac Mountain Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.997.tgz (&color(red){mecab_0.994};  + R-2.15.3 アプリケーションの R64 で利用; R-2.14 でも使えます)

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/mlion.html

- Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.9907.tgz  (&color(red){mecab_0.994};  + R-2.15.3 アプリケーションの R64 で利用; R-2.14 でも使えます)

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/lion.html

- Ubuntu 64 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u64.html


- Ubuntu 32 bit バイナリ

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/u32.html





** バージョン RMeCab_0.996 (for R-2.15.2 ; R-2.14 でも使えます)  2012年 10 月 28 日 [#g6d233ce]

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.15.2 ;  R-2.14 でも使えます) 

バージョン RMeCab_0.996 for &color(red){mecab_0.994.exe}; ;

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/win.html

- Mac Mountain Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.996.tgz (&color(red){mecab_0.994};  + R-2.15.2 アプリケーションの R64 で利用; ; R-2.14 でも使えます)

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/mlion.html

- Mac Lion 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.9960.tgz  (&color(red){mecab_0.994};  + R-2.15.2 アプリケーションの R64 で利用; ; R-2.14 でも使えます)

http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/lion.html



- Snow Leopard 用 64 bit バイナリ RMeCab_0.99600.tgz  (&color(red){mecab_0.994}; + R-2.15.2 アプリケーションの R64 で利用; ; R-2.14 でも使えます)


http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/snow.html

// http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/RMeCab_0.9905.tgz
// &ref(SoftArchive/RMeCab_0.9904.tgz); mecab_0.993 に対応させたバイナリです
// &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです



**  RMeCab_0.995 for R-2.15.1 [#t2c7f96f]

 mecab_0.994 に対応させたバイナリです.

**RMeCab_0.994 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません. [#wde28791]
- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.15.0) 
-- Windows 64 bit 版での一部不具合を修正
バージョン 0.994  &ref(SoftArchive/RMeCab_0.994.zip); for mecab_0.993.exe ; 
- Mac
--Mac Lion 用 64 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.15.0 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.994.tgz); mecab_0.993 に対応させたバイナリです
-- Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.15.0 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.9904.tgz); mecab_0.993 に対応させたバイナリです
- Linux 32 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.15.0)
RMeCab_0.994 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.994_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.15.0)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.994_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)




---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.99{0}{2,3} (R-2.14.2)  2012年 03 月 03 日 [#z416591b]


RMeCab_0.99{2,3} は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.9902 は &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz);  に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

// ***************** //
// Windows 版は mecab-0.98 で R32 bit での利用をお勧めします.win32バイナリ mecab_0.98 は [[http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download:http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download]] からダウロードできます.


- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.14.2) バージョン 0.993 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.993.zip); for mecab_0.993.exe ; バージョン 0.9902 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.9901.zip); for mecab_0.98.exe

--注意:RMeCab_0.9902 以前ではWindows 64 bit版で若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.14.2 用 RMeCab_0.9902 でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.
 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない
そこで RMeCab_0.9902 を Windows 64 bit 版 R-2.14.2 で使う場合,以下のように try() 関数でラップして実行してください.
 ''res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))''
 ''res <- try ( docDF (doc)  )''
try 関数内部で実行することでエラーが起こることがないと思います. 
RMeCab_0.9902 以前でも Windows 32 bit 版 R-2.14.2 では,try() 関数を使う必要はありません.


// ***************** //
- Mac Lion / Snow Leopard  用 64 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.2 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992.tgz); mecab_0.993 に対応させたバイナリです


- Mac Lion / Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(mecab_0.98 + R-2.14.2 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.9902.tgz); &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです


// ***************** //

- Linux 32 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.2),バージョン 0.992 or 0.9902

RMeCab_0.992 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.9902 は &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);

-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);

(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

- Linux 64 bit バイナリ(R-2.14.2),バージョン 0.992 or 0.9902

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);

-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

// ***************** //

** バージョン 0.99{0}{2,3} (R-2.14.2)  2012年 03 月 03 日 [#z416591b]


RMeCab_0.99{2,3} は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.9902 は &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz);  に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

// ***************** //
// Windows 版は mecab-0.98 で R32 bit での利用をお勧めします.win32バイナリ mecab_0.98 は [[http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download:http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download]] からダウロードできます.


- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.14.2) バージョン 0.993 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.993.zip); for mecab_0.993.exe ; バージョン 0.9902 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.9901.zip); for mecab_0.98.exe

--注意:RMeCab_0.9902 以前ではWindows 64 bit版で若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.14.2 用 RMeCab_0.9902 でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.
 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない
そこで RMeCab_0.9902 を Windows 64 bit 版 R-2.14.2 で使う場合,以下のように try() 関数でラップして実行してください.
 ''res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))''
 ''res <- try ( docDF (doc)  )''
try 関数内部で実行することでエラーが起こることがないと思います. 
RMeCab_0.9902 以前でも Windows 32 bit 版 R-2.14.2 では,try() 関数を使う必要はありません.


// ***************** //
- Mac Lion / Snow Leopard  用 64 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.2 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992.tgz); mecab_0.993 に対応させたバイナリです


- Mac Lion / Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(mecab_0.98 + R-2.14.2 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.9902.tgz); &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです


// ***************** //

- Linux 32 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.2),バージョン 0.992 or 0.9902

RMeCab_0.992 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.9902 は &ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);

-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);

(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

- Linux 64 bit バイナリ(R-2.14.2),バージョン 0.992 or 0.9902

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.992_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);

-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(SoftArchive/mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

// ***************** //

---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 




** バージョン 0.990/1 (R-2.14.1)  2012年 02 月 17 日 [#q31528bf]

RMeCab_0.991 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.990 は mecab_0.98 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.


Windows 版は mecab-0.98 での利用をお勧めします.win32バイナリ mecab_0.98 は [[http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download:http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download]] からダウロードできます.


Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.
// なお,MeCab本体は [[mecab-0.98:http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-win32/0.98/mecab-0.98.exe/download]] をベースにしています.
// が,最近公開された MeCab0.99 でも動作します.
- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.14.1) ,バージョン 0.990
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990.zip);

注意:Windows 64 bit版 R-2.14.1 用 RMeCab では若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.14.1 用 RMeCab でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.

 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない

そこで Windows 64 bit 版 R-2.14.1 用 RMeCab では以下のよう try() 関数でラップして実行してください.



 ''res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))''
 ''res <- try ( docDF (doc)  )''


try 関数内部で実行することでエラーが起こることがないと思います. 

Windows 32 bit 版 R-2.14.1 では,try() 関数を使う必要はありません.



- Mac Lion / Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.1 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.991.tgz);

- Mac Lion / Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(mecab_0.98 + R-2.14.1 アプリケーションの R64 で利用)

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990.tgz);


- Linux 32 bit バイナリ(mecab_0.993 + R-2.14.1),バージョン 0.991

RMeCab_0.991 は mecab_0.993 に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

RMeCab_0.990 は &ref(mecab-0.98.tar.gz); に対応させたバイナリです.機能は RMeCab0.99 と変わりません.

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.991_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);

(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

- Linux 64 bit バイナリ(R-2.14.1),バージョン 0.99

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.991_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
-- 少し枯れた RMeCab gcc4.3.3 と (自力コンパイルされた)&ref(mecab-0.98.tar.gz); との組み合わせ:
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.990_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)




** バージョン 0.99 (R-2.14.1)  2011年 12 月 29 日 [#e52e024c]






Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.14.1) ,バージョン 0.99
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.99.zip);

注意:Windows 64 bit版 R-2.14.1 用 RMeCab では若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.14.1 用 RMeCab でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.

 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない

そこで Windows 64 bit 版 R-2.14.1 用 RMeCab では以下のよう try() 関数でラップして実行してください.



 ''res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))''
 ''res <- try ( docDF (doc)  )''


try 関数内部で実行することでエラーが起こることがないと思います. 

Windows 32 bit 版 R-2.14.1 では,try() 関数を使う必要はありません.


- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.14.1),バージョン 0.99
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.99_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.99.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは  http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.14.1),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.99.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
-- Mac OS X Power PC 向けバイナリ (というかユニバーサル版なのでintelMacでも使えます)
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_PPC_Mac.tgz);

- Linux 32 bit バイナリ(R-2.14.1),バージョン 0.99
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.99_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.14.1),バージョン 0.99
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.99_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.99.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 




** バージョン 0.98 (R-2.14.0)  2011年 11 月 01 日 [#ibe00a34]

Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.14.0) ,バージョン 0.98
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.98.zip);

注意:Windows 64 bit版 R-2.14.0 用 RMeCab では若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.14.0 用 RMeCab でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.

 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない

そこで Windows 64 bit 版 R-2.14.0 用 RMeCab では以下のよう try() 関数でラップして実行してください.



 ''res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))''
 ''res <- try ( docDF (doc)  )''


try 関数内部で実行することでエラーが起こることがないと思います. 

Windows 32 bit 版 R-2.14.0 では,try() 関数を使う必要はありません.


- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.14.0),バージョン 0.98
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.98_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.98.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは  http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.14.0),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.98.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
-- Mac OS X Power PC 向けバイナリ (というかユニバーサル版なのでintelMacでも使えます)
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_PPC_Mac.tgz);

- Linux 32 bit バイナリ(R-2.14.0),バージョン 0.98
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.98_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.14.0),バージョン 0.98
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.98_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.98.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.97 (R-2.13.2)  2011年 10 月 11 日 [#fda1a6f3]

Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.13.2) ,バージョン 0.97
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.97.zip);

注意:Windows 64 bit版 R-2.13.2 用 RMeCab では若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.13.2 用 RMeCab でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.

 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない

そこで Windows 64 bit 版 R-2.13.0 用 RMeCab では以下のよう try() 関数でラップして実行してください.

 res <- try ( docDF (doc)  )

Windows 32 bit 版 R-2.13.2 では,try() 関数を使う必要はありません.


- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.13.2),バージョン 0.97
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.97_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.97.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは  http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.13.2),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.97.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
-- Mac OS X Power PC 向けバイナリ (というかユニバーサル版なのでintelMacでも使えます)
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_PPC_Mac.tgz);

- Linux 32 bit バイナリ(R-2.13.2),バージョン 0.97
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.13.2),バージョン 0.97
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.97_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.97.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.96 (R-2.13.1)  2011年 07 月 11 日 [#q22b3717]

Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.13.1) ,バージョン 0.96
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.96.zip);

注意:Windows 64 bit版 R-2.13.1 用 RMeCab では若干動作が不安定です.例えば以下は Windows 64 bit 版R-2.13.1 用 RMeCab でファイルの読み込みに失敗するがあるかもしれません.

 res <- docDF ( doc) # 一度目は期待通り抽出するが
 res <- docDF ( doc) # 続けて実行するとタームをまったく抽出してくれない

そこで Windows 64 bit 版 R-2.13.0 用 RMeCab では以下のよう try() 関数でラップして実行してください.

 res <- try ( docDF (doc)  )

Windows 32 bit 版 R-2.13.1 では,try() 関数を使う必要はありません.


- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.13.1),バージョン 0.96
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.96_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.96.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは  http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.13.1),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.96.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
-- Mac OS X Power PC 向けバイナリ (というかユニバーサル版なのでintelMacでも使えます)
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_PPC_Mac.tgz);

- Linux 32 bit バイナリ(R-2.13.1),バージョン 0.96
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.13.1),バージョン 0.96
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.96_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.96.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.95 (R-2.13.0)  2011年 04 月 14 日 [#w5a340d1]

Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.13.0) ,バージョン 0.95
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95.zip);

- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.13.0),バージョン 0.95
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95.i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.95.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは  http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.13.0),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 32 bit バイナリ(R-2.13.0),バージョン 0.95
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.13.0),バージョン 0.95
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.95_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.95.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.94 (R-2.12.2)  2011年 03 月 02 日 [#f1bff0e2]

Windows版 Rのための 32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.
-注意:Windows 版 R-2.12.1 64 bit での動作はやや不安定なことがあります.32bit版 R での動作に問題ありません.Windows 版 R-2.12.2 64 bit では.例えば

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")

は1回目はエラーになることがあります.代入式ではなく,RMeCabC("日本語の文字列") 単独の場合はエラーになりません.すなわち

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")#にエラーが起こった場合
 RMeCabC("日本語の文字列") # 一度 代入無しで実行し
 res <- RMeCabC("日本語の文字列") # 再び代入するとエラーは出ません

そこで''&color(red){Windows 版 R-2.12.2 64bit};''では以下のようエラー対策を重ねて実行してください.Windows 版 R-2.12.2 32 bit版では不要です.


''&color(red,white){&size(22){res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))};}; ''

try 関数内部で実行することでエラーが起こることないと思います. 

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.12.2) ,バージョン 0.94
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.94.zip);

- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.12.1),バージョン 0.94
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.94_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.94.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.12.2),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.94.tgz);
(おなじファイルは http://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 32 bit バイナリ(R-2.12.2),バージョン 0.94
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.94_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.12.2),バージョン 0.94
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.94_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttp://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.94.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.93 (R-2.12.1)  2010年 12月 18日 [#a885836a]

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93.zip);

+ R 32 bit あるいは R 64 bit のいずれかで 1 回インストールします.どちらでも使えるようになります.
メニューから[パッケージ]→[ローカルにあるzipファイルからのパッケージのインストール]を選んで,ダウンロードした RMeCab_***.zipファイルを選んでインストールします.[win-libraryを作成したいのですか] と聞いてきた時は OK を押してください(この際,R はユーザーフォルダを作成します). 
++ Vista では'Permission denied'とエラーが表示されて,先に進めないことがあります.この場合はいったん R を [終了] させ,もう一度,今度は R のアイコンを右クリックして,[管理者として実行] を選んでください. RMeCab_0.89 以降では,以上でインストール終了です.以下の3に続く手続きは不要です.
++ ''&color(red){注意};'' :Windows 版 R-2.12.0-64 bit での動作はやや不安定なことがあります.R-2.12.0-32 bit版 での動作に問題ありません.Windows 版 R-2.12.0(64 bit) では.例えば

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")

は1回目はエラーになることがあります.代入式ではなく,RMeCabC("日本語の文字列") 単独の場合はエラーになりません.すなわち

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")#にエラーが起こった場合
 RMeCabC("日本語の文字列") # 一度 代入無しで実行し
 res <- RMeCabC("日本語の文字列") # 再び代入するとエラーは出ません

そこで''&color(red){Windows版 R-2.12.0(64 bit)};'' では以下のようエラー対策を重ねて実行してください.Windows版 R-2.12.0(32 bit版)では不要です.


''&color(red,white){&size(22){res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))};}; ''


try 関数内部で実行することで実際にはエラーが起こることないと思います. 


- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.12.1) ,バージョン 0.93
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93.zip);

- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.12.1),バージョン 0.93
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93_i386_.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.93.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.12.1),バージョン 0.93
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93.tgz);
(おなじファイルは https://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 32 bit バイナリ(R-2.12.1),バージョン 0.93
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttps://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.12.1),バージョン 0.93
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.93_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttps://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.93.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.92 (R-2.12.0)  2010年 10月 18日 [#ca49180b]

Windows版 Rのための32 bit および 64 bit 両方への対応.libmecabとlibmecab64を同封しています.
-注意:Windows 版 R-2.12.0 (64 bit) での動作はやや不安定です.32bit版 R での動作に問題ありません.Windows 版 R-2.12.0 (64 bit)  では.例えば

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")

は1回目はエラーになることがあります.代入式ではなく,RMeCabC("日本語の文字列") 単独の場合はエラーになりません.すなわち

 res <- RMeCabC("日本語の文字列")#にエラーが起こった場合
 RMeCabC("日本語の文字列") # 一度 代入無しで実行し
 res <- RMeCabC("日本語の文字列") # 再び代入するとエラーは出ません

そこで''&color(red){Windows 版 R-2.12.0(64bit)};''では以下のようエラー対策を重ねて実行してください.Windows 版 R-2.12.0(32 bit版)では不要です.


''&color(red,white){&size(22){res <- try(RMeCabC("日本語の文字列"))};}; ''

try 関数内部で実行することで実際にはエラーが起こることは少ないと思います. 

- Windows (32/64) 用バイナリ(R-2.12.0) ,バージョン 0.92
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.92.zip);

- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.12.0),バージョン 0.92
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.92_i386Mac.tgz); ダウンロード後ファイル名を 
RMeCab_0.92.tgz と変える必要があるかもしれません.(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
- Mac Snow Leopard 用 64 bit バイナリ(R-2.12.0),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.92.tgz);
(おなじファイルは https://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 32 bit バイナリ(R-2.12.0),バージョン 0.92
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.92_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttps://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)
- Linux 64 bit バイナリ(R-2.12.0),バージョン 0.92
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.92_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルはhttps://sites.google.com/site/rmecab/ にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.92.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.91 (R-2.11.1)  2010年 8月26日 [#a4d62cf3]
mecabへの引数を追加
[[RMeCab.R:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] . Windows版には libmecab.dll を同封.
-- Windows 32 bit バイナリ(R-2.11.1) ,バージョン 0.901
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.91.zip);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
-- %% と付属の環境設定ファイル %% RMeCab_0.89からは不要になりました
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) %%
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) %%
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) %%
-- Mac  Leopard 用 32 bit バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.91
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.91.tgz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
-- Mac Snow Leopard 用 64bit バイナリ(R-2.11.1),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.91_x86_64.tgz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)

Snow Leopard の場合 ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.91.tgz と修正する必要があります。
-- Linux 32 bit バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.91 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.91_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.91
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.91_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.90.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.90 (R-2.11.1)  2010年 6月04日 [#g8e6a848]
R-2.11.1 への対応.他に変更点なし. [[RMeCab.R:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]  utf-8 ). Windows版には libmecab.dll を同封.
-- Windows 32 bit バイナリ(R-2.11.1) ,バージョン 0.90 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.90.zip);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
-- %% と付属の環境設定ファイル %% RMeCab_0.89からは不要になりました
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) %%
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) %%
--- %% &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) %%
-- Mac 32 bit Leopard バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.90 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.90.tgz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
//おなじファイルはここにもあります [[RMeCab_0.89_R_i386-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] )
-- Mac 64bit Snow Leopard バイナリ(R-2.11.1),
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.90_x86_64.tgz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
//(おなじファイルはここにもあります[[RMeCab_0.89_R_x86_64-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]])

Snow Leopard の場合 ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.90.tgz と修正する必要があります。
-- Linux 32 bit バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.90 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.90_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
//(おなじファイルはここにもあります[[RMeCab_0.89_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]])
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.11.1),バージョン 0.90 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.90_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz);
(おなじファイルは http://groups.google.co.jp/group/rmecab にもあります)
//(おなじファイルはここにもあります [[RMeCab_0.89_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]])

ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.90.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.89 (R-2.11.0)  2010年 5月10日 [#j7ce66bb]
すべての関数に dic 引数を追加し, ユーザー辞書を実行時にして出きるようにした(利用例 [[RMeCab.R:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]  utf-8 ).また Windows版には libmecab.dll を同封した.
-- Windows バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.89 
[[RMeCab_0.89.zip:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] 
と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.89 [[RMeCab_0.89.tgz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] 
-- 64bit Snow Leopard 用 Macintosh バイナリ(R-2.11.0),[[RMeCab_0.89_R_x86_64-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]].
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.89.tgz と修正する必要があります。
-- Linux バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.89 
[[RMeCab_0.89.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.89  
[[RMeCab_0.89_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.89.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.88 (R-2.11.0)  2010年 4月23日 [#e32bbc01]
R-2.11.0 への対応と collocate()関数の出力を変更.
- &color(green){2010年 4月23日 RMeCab_0.88 (R-2.11.0対応)}; collocate()関数の出力を変更.nodeの前と後それぞれの頻度を加えた.
- &ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)

-- Windows バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.88 
[[RMeCab_0.88.zip:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] 
と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.88 [[RMeCab_0.88.tgz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] 
-- 64bit Snow Leopard 用 Macintosh バイナリ(R-2.11.0),[[RMeCab_0.88_R_x86_64-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]].
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.88.tgz と修正する必要があります。
//-- 自力コンパイル版 R 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87  &ref(SoftArchive/RMeCab_0.87_R_i386-apple-darwin9.8.0.tar.gz); 
//ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.87.tgz と修正する必要があります。
-- Linux バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.88 
[[RMeCab_0.88.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.11.0),バージョン 0.88  
[[RMeCab_0.88_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.88.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 





** バージョン 0.87 (R-2.10.1)  2009年 12月17日 [#he133f4d]
R-2.10.1 への対応版.変更なし.
- R-2.10.1 版 &ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87 
[[RMeCab_0.87.zip:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]  と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87 [[RMeCab_0.86.tgz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]] 
-- 64bit Snow Leopard 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.0),[[RMeCab_0.87_R_x86_64-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]].
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.87.tgz と修正する必要があります。
-- 自力コンパイル版 R 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87  &ref(SoftArchive/RMeCab_0.87_R_i386-apple-darwin9.8.0.tar.gz); 
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.87.tgz と修正する必要があります。
-- Linux バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87 
[[RMeCab_0.87.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.10.1),バージョン 0.87  
[[RMeCab_0.87_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.87.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.86 (R-2.10.0)  2009年 11月12日 [#gf19ec87]
docNgramDF()関数のバグを修正。
- R-2.10.0 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.86 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.86.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.86 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.86.tgz); 
-- 64bit Snow Leopard 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.0),[[バージョン 0.86  RMeCab_0.86_R_x86_64-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]].
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.86.tgz と修正する必要があります。
-- 自力コンパイル版 R 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.86  &ref(SoftArchive/RMeCab_0.86_R_i386-apple-darwin9.8.0.tar.gz); 
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.86.tgz と修正する必要があります。
-- Linux バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.86 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.86.tar.gz); 
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.86  
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.86_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz); 
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.86.tar.gz と修正する必要があるかもしれません。
---試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.85 (R-2.10.0)  2009年 10月28日 [#d49402d8]
MeCab本体の最新バージョン(0.98)と組み合わせた。ほかに変更なし。
- R-2.10.0 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.85 
&ref(SoftArchive/RMeCab_0.85.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.85 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.85.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.10.0),バージョン 0.85 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.85.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 
-- 自力コンパイル版 R 用 Macintosh バイナリ(R-2.10.0),[[バージョン 0.85  RMeCab_0.85_R_i386-apple-darwin9.8.0.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]].
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.85.tgz と修正する必要があります。
-- Linux 64 bit バイナリ(R-2.10.0),[[バージョン 0.85  RMeCab_0.85_R_x86_64-unknown-linux-gnu.tar.gz:http://groups.google.co.jp/group/rmecab]]  .
ダウンロード後ファイル名を RMeCab_0.85.tgz と修正する必要があるかもしれません。

** バージョン 0.84 (R-2.9.2)  2009年 8月25日 [#vdf21a5a]
- R-2.9.2 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.9.2),バージョン 0.84 

&ref(SoftArchive/RMeCab_0.84.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.9.2),バージョン 0.84 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.84.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.9.2),バージョン 0.84 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.84.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.83 (R-2.9.1)  2009年 8月24日 [#td55a0b8]
- R-2.9.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.9.1),バージョン 0.83 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.83.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.9.1),バージョン 0.83 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.83.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.9.1),バージョン 0.83 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.83.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.82 (R-2.9.0)  2009年 5月23日 [#r2b45476]
- collocate()関数のバグを修正.
- R-2.9.0 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.82 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.82.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.82 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.82.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.82 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.82.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.81 (R-2.9.0) 試作未公開; [#d5f79e09]
** バージョン 0.80 (R-2.9.0) 文字コード周りを大きく修正.試作未公開; [#c04e0a7f]

** バージョン 0.79 (R-2.9.0)  2009年 4月18日 [#mbab9a9b]
- R-2.9.0 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- Windows バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.79 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.79.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.79 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.79.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.9.0),バージョン 0.79 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.79.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.78 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 3月28日 [#x14ed7e1]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- docDF()関数の効率が悪かったのを修正.また docNgramDF()関数は他の関数と異なり,文書(被験者回答)が行でタームが列なので,重み付け関数に行と列の指定ができるようにした.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.78 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.78.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.78 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.78.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.78 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.78.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.77 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 3月28日 [#l19075e2]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- docDF()関数の効率が悪いので,とりあえずデータフレームの特定列を対象に,文字ないしタームの N-gram行列を抽出する docNgramDF()関数を追加しておいた.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.77 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.77.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.77 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.77.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.77 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.77.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 
** バージョン 0.76 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 3月27日 [#b9b71fc0]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- NgramDF2()関数にバグがあったのを修正.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.76 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.76.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.76 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.76.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.76 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.76.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.75 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 3月23日 [#uc9c09bb]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- docDF()関数に引数 co を追加し,ターム共起行列を作成できるようにした.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.75&ref(SoftArchive/RMeCab_0.75.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.75 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.75.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.75 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.75.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.74 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 3月19日 [#s85f5b6f]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- docMatrix(), docMatrix2(), docMatrixDF()関数に引数 co を追加し,ターム共起行列を作成できるようにした.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.74&ref(SoftArchive/RMeCab_0.74.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.74 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.74.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.74 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.74.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.73 (R-2.8.1) &color(red){ほぼ安定}; 2009年 3月10日 [#f59c4ab0]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- 汎用的な [[docDF()関数>RMeCab機能#docDF]]を追加.単独ファイル,ディレクトリ,あるいはデータフレームの特定列を対象に Ngram あるいは ターム文書行列を作成する.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.73&ref(SoftArchive/RMeCab_0.73.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.73 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.73.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.73 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.73.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.72 (R-2.8.1) 試作未公開; [#nd92d5e4]

** バージョン 0.71 (R-2.8.1) &color(red){docDF関数が検証途中}; 2009年 3月06日 [#vef028b0]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- RMeCab_0.70の docDF()関数にバグがあったのを修正.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.71&ref(SoftArchive/RMeCab_0.71.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.71 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.71.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.71 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.71.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.70 (R-2.8.1) &color(red){docDF関数が検証途中}; 2009年 3月05日 [#lb8b1214]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- 汎用的な docDF()関数を追加.単独ファイル,ディレクトリ,あるいはデータフレームの特定列を対象に Ngram あるいは ターム文書行列を作成する.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.70&ref(SoftArchive/RMeCab_0.70.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.70 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.70.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.70 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.70.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.69 (R-2.8.1) 試作未公開; [#pdc95e3c]

** バージョン 0.68 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2009年 2月10日 [#lb8b1214]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- RMeCab_0.67 の RMeCabFreq()関数には不具合がありました.特定の記号が含まれていると R が落ちてしまいました.これを修正しました.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.68&ref(SoftArchive/RMeCab_0.68.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.68 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.68.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.68 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.68.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 

** バージョン 0.67 (R-2.8.1) &color(red){安定版}; 2008年12月24日 [#q8e540e6]
- R-2.8.1 版&ref(SoftArchive/README_RMeCab.txt); (Shift-JIS)
-- 以前のR-2.8.0は文字コードに不具合があります.RMeCabそのものは変更されていませんが,できれば R を2.8.1 にバージョンアップしてご利用下さい.
-- Windows バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.67&ref(SoftArchive/RMeCab_0.67.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.67 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.67.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.1),バージョン 0.67 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.67.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.66 (R-2.8.0)  2008年11月10日 [#vfefce48]
- R-2.8.0 版
-- Windows バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.66&ref(SoftArchive/RMeCab_0.66.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.66&ref(SoftArchive/RMeCab_0.66.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.66 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.66.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 


** バージョン 0.65 (R-2.8.0)  2008年11月8日 [#l1d2b3e6]
- エスケープ記号類をカウントしていたのを修正
- R-2.8.0 版
-- Windows バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.65&ref(SoftArchive/RMeCab_0.65.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.65&ref(SoftArchive/RMeCab_0.65.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.65 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.65.tar.gz); 
--試用データセット&ref(SoftArchive/data.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data.tar.gz); (Mac, Unix) 



** バージョン 0.64 (R-2.8.0)  2008年11月8日 [#xee41454]
文字コードまわりの不具合を調整
- R-2.8.0 版
-- Windows バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.64&ref(SoftArchive/RMeCab_0.64.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.64&ref(SoftArchive/RMeCab_0.64.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.64 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.64.tar.gz); 

** バージョン 0.63 (R-2.8.0)  2008年11月6日 [#qfe389ed]
未公開
** バージョン 0.62 (R-2.8.0) 2008年11月5日 [#dd70bffe]
- R-2.8.0 版
-- Windows バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.62&ref(SoftArchive/RMeCab_0.62.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.61&ref(SoftArchive/RMeCab_0.62.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.8.0),バージョン 0.62 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.62.tar.gz); 

** バージョン 0.61 (R-2.7.1) &color(red){安定版}; 2008年 9月2日 [#h3ed6321]
- メモリ関係の微調整:変数宣言の見直し
-- Windows バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.61&ref(SoftArchive/RMeCab_0.61.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (Rの標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(XPで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるX場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (Vistaで、ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にある場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.61&ref(SoftArchive/RMeCab_0.61.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.61 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.61.tar.gz); 

** バージョン 0.60 (R-2.7.1) 2008年 9月1日 [#z60796a3]
- メモリ関係の微調整:使われていない変数が残っていたので削除
-- Windows バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.60&ref(SoftArchive/RMeCab_0.60.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるXPの場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるVISTAの場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.60&ref(SoftArchive/RMeCab_0.60.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.60 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.60.tar.gz); 


** バージョン 0.59 (R-2.7.1) 2008年 8月23日 [#f9c53440]
- RMeCab 本体にdocMatrix2()関数、docNgram2()関数、Ngram2()関数を追加。それぞれ旧来のdocMatrix()関数、docNgram()関数、Ngram()関数に機能を追加したもの。詳しくは、試用データセット&ref(SoftArchive/data2.zip); (Windows), &ref(SoftArchive/data2.tar.gz); (Mac, Unix) の RMeCab.Rコード内のコメント、あるいはマニュアル &ref(SoftArchive/manual0823.pdf);をご参照ください.
-- Windows バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.59&ref(SoftArchive/RMeCab_0.59.zip); と付属の環境設定ファイル 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるXPの場合) 
--- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるVISTAの場合) 
-- Macintosh バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.59&ref(SoftArchive/RMeCab_0.59.tgz); 
-- Linux バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.59 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.59.tar.gz); 

** バージョン 0.58 (R-2.7.0) 2008年 8月20日 [#h13e6cd7]
- 開発バージョン未公開

** バージョン 0.57 (R-2.7.0) 2008年 8月18日 [#k7606187]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.57&ref(SoftArchive/RMeCab_0.57.zip); と付属の環境設定ファイル 
-- &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); (標準的なライブラリフォルダ設定の場合) 
-- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallXP.bat);(ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるXPの場合) 
-- &ref(SoftArchive/RMeCabInstallVista.bat); (ライブラリフォルダがユーザーフォルダ内にあるVISTAの場合) 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.57&ref(SoftArchive/RMeCab_0.57.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.57 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.57.tar.gz); 
-- 関数を新規追加.docMatrixDF()関数は,データフレームの指定された列から文書・ターム行列を作成する.引数はdocMatrix()関数と同じ(ただしtype引数はなく,形態素原型のみが抽出).pos引数で抽出する品詞,minFreq引数で全被験者(テキスト)での合計頻度の最低値,weight引数で重みを決める.


** バージョン 0.56 (R-2.7.0) 2008年 8月15日 [#cd4fe042]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.56&ref(SoftArchive/RMeCab_0.56.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.56&ref(SoftArchive/RMeCab_0.56.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.1),バージョン 0.56 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.56.tar.gz); 
-- docMatrix関数を重みを付けないで実行する場合,行列情報を含む行が二つあることを表示するメッセージを追加した.RMeCabDF 関数で,第2引数に列番号の他,列名を指定できるようにした. 

** バージョン 0.55 (R-2.7.0) 2008年 7月22日 [#l568ac8f]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.55&ref(SoftArchive/RMeCab_0.55.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.55&ref(SoftArchive/RMeCab_0.55.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.55 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.55.tar.gz); 
-- Ngram関数で type引数に 0 を指定した場合,つまり文字単位でN-gram を求めた場合,ファイル末尾の文字をカウントしていなかったのを修正.またマニュアルを少し修正追加した.

** バージョン 0.54 (R-2.7.0) 2008年 6月26日 [#o78f59dc]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.54&ref(SoftArchive/RMeCab_0.54.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.54&ref(SoftArchive/RMeCab_0.54.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.54 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.54.tar.gz); 
-- docMatrix関数に出力メッセージを追加; RMeCabC()関数のメモリ関係のバグをフィックス.

** バージョン 0.53 (R-2.7.0) 2008年 6月18日 [#iebf3c66]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.53&ref(SoftArchive/RMeCab_0.53.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.53&ref(SoftArchive/RMeCab_0.53.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.53 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.53.tar.gz); 
-- 微調整で機能に0.52 からの変更はない.

** バージョン 0.52 (R-2.7.0) 2008年 6月14日 [#j7b72024]
- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.52&ref(SoftArchive/RMeCab_0.52.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.52&ref(SoftArchive/RMeCab_0.52.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.52 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.52.tar.gz); 
-- 新たに NgramDF()関数を追加した.


** バージョン 0.51 2008年 6月13日 [#m248f88e]

- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.51&ref(SoftArchive/RMeCab_0.51.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.51&ref(SoftArchive/RMeCab_0.51.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.51 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.51.tar.gz); 
-- Ngram()関数に品詞を指定する機能を追加した.


** バージョン 0.50 2008年 5月12日 [#u0142dd1]

- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.50&ref(SoftArchive/RMeCab_0.50.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.50&ref(SoftArchive/RMeCab_0.50.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.50 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.50.tar.gz); 
-- collScores()関数を見直した.またG2は外した.


** バージョン 0.49 β 2008年 5月5日 [#j036268c]

- Windows バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.49&ref(SoftArchive/RMeCab_0.49.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.49 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.49.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.7.0),バージョン 0.49 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.49.tar.gz); 
-- バージョン 0.48 を R-2.7.0 でコンパイルした.

** バージョン 0.48 β 2008年 5月5日 [#ub900cf6]

- Windows バイナリ(R-2.6.2),バージョン 0.48&ref(SoftArchive/RMeCab_0.48.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ(R-2.6.2),バージョン 0.48 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.48.tgz); 
- Linux バイナリ(R-2.6.2),バージョン 0.48 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.48.tar.gz); 
-- ターム・文書行列作成の際の重みを見直した.局所的重みに「文書頻度 TF」,「対数頻度」,「バイナリ頻度」の 3 種類を,大域的重みに「IDF」,「大域的IDF」,「確率的IDF」,「エントロピー」の 4 種類,そしてコサイン正規化関数一つを実装し直した.


** バージョン 0.47 β 2008年4月28日 [#nbcb1eea]
- Windows バイナリ,バージョン 0.47&ref(SoftArchive/RMeCab_0.47.zip); と付属の環境設定ファイル &ref(SoftArchive/RMeCabInstall.bat); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.47 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.47.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.47 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.47.tar.gz); 
-- docNgram(), makeNgram(), rmSing() 関数を追加.Ngramを作成する場合にディレクトリを指定可能とした.ディレクトリ内のファイルすべてについて Ngram を計り,行にテキスト名,列にNgram名を備えたデータフレームを返す.またMeCab の出力から品詞情報が「記号」の要素を除く



** バージョン 0.46 [#ke6c5550]

- Windows バイナリ,バージョン 0.46&ref(SoftArchive/RMeCab_0.46.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.46 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.46.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.46 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.46.tar.gz); 
-- collocate 関数の出力から T-score, MI-score,対数尤度比(G^2)を求める関数 collScores()関数を追加.


** バージョン 0.45 [#g0121c50]

- Windows バイナリ,バージョン 0.45 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.45.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.45 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.45.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.45 &ref(SoftArchive/RMeCab_0.45.tar.gz); 
-- collocate 関数の出力を修正。


** バージョン 0.44 [#n2100815]
- Windows バイナリ,バージョン 0.44 &ref(RMeCab_0.44.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.44 &ref(RMeCab_0.44.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.44 &ref(RMeCab_0.44.tar.gz); 
-- collocate 関数の出力に総トークン数と,総形態素数に関する情報を追加

** バージョン 0.43 [#mbb17618]
- Windows バイナリ,バージョン 0.43 &ref(RMeCab_0.43.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.43 &ref(RMeCab_0.43.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.43 &ref(RMeCab_0.43.tar.gz); 
-- エラー処理を追加

** バージョン 0.42 [#i1210e05]
- Windows バイナリ,バージョン 0.42 &ref(RMeCab_0.42.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.42 &ref(RMeCab_0.42.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.42 &ref(RMeCab_0.42.tar.gz); 
-- N-gramカウント,およびコロケーションカウント用の関数を追加

** バージョン 0.41 [#wf99792f]
- Windows バイナリ,バージョン 0.41 &ref(RMeCab_0.41.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.41 &ref(RMeCab_0.41.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.41 &ref(RMeCab_0.41.tar.gz); 
-- バージョン 0.40 で文書行列に TF-IDF などの重み付けを行う場合, [ [TOTAL-TOKENS] ] 行や[ [LESS-THAN-1] ] 行まで含めて計算していたのを修正し,これらの行を削除した結果に重み付けを行うようにした. 

** バージョン 0.40 [#u6c52538]
- Windows バイナリ,バージョン 0.40 &ref(RMeCab_0.40.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.40 &ref(RMeCab_0.40.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.40 &ref(RMeCab_0.40.tar.gz); 
-- バージョン 0.39 docMatrix()関数に minFreq オプションを復活させた.また品詞や最低頻度を指定して文書行列を出力する際,テキストの総語数などの情報を表示させる.例えばテキストの総token数は   [ [TOTAL-TOKENS] ]という行に,また指定された品詞(pos <- c("名詞","
形容詞","動詞") )のうち,指定された頻度(minFreq  =1) 未満のものを,   [ [LESS-THAN-1] ]   という行として,文書行列に含めた.


** バージョン 0.39 [#v014b734]
- Windows バイナリ,バージョン 0.39 &ref(RMeCab_0.39.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.39 &ref(RMeCab_0.39.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.39 &ref(RMeCab_0.39.tar.gz); 
-- 文書ターム行列を作成する際,文書が大きいとメモリが足りなくなり R が落ちることがある。そこでC++ソースを見直して,メモリの調整を行った。

** バージョン 0.38 [#e18dbaa6]
- Windows バイナリ,バージョン 0.38 &ref(RMeCab_0.38.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.38 &ref(RMeCab_0.38.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.38 &ref(RMeCab_0.38.tar.gz); 
-- 文書ターム行列を作成時に大きなメモリを必要として、落ちることがある。そこでメモリの調整を部分的に行った。
-- 文書ターム行列を作成する際,文書が大きいとメモリが足りなくなり R が落ちることがある。そこでC++ソースを見直して,メモリの調整を行った。

** バージョン 0.37 [#tf3002c0]
- Windows バイナリ,バージョン 0.37 &ref(RMeCab_0.37.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.37 &ref(RMeCab_0.37.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.37 &ref(RMeCab_0.37.tar.gz); 
- Windows バイナリ,バージョン 0.37 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.37 
- Linux バイナリ,バージョン 0.37 
-- 英文マニュアルを一部追加作成.MeCab は辞書にない単語の原形を * として返してしまうことがあることに気がついた.
 陀多と云う男が一人
 陀多    名詞,一般,*,*,*,*,*

そこで,こうした場合,入力された語形をそのまま返すよう修正.またC++コードを見直して,メモリ管理を多少改善させた.に RMeCabDoc()関数を追加.これに伴い,RMeCabDoc.R,RMeCabDoc.Rd を追加した.



** バージョン 0.36 [#v6fc3c89]
- Windows バイナリ,バージョン 0.36 &ref(RMeCab_0.36.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.36 &ref(RMeCab_0.36.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.36 &ref(RMeCab_0.36.tar.gz); 
-- 英文マニュアルを一部追加作成.docMatrix ()関数がファイルの一行目しか読んでいないバグを修正.C++コードに RMeCabDoc()関数を追加.これに伴い,RMeCabDoc.R,RMeCabDoc.Rd を追加した.



** バージョン 0.35 [#c3a1a82d]
- Windows バイナリ,バージョン 0.35 &ref(RMeCab_0.35.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.35 &ref(RMeCab_0.35.tgz); 
- Linux バイナリ,バージョン 0.35 &ref(RMeCab_0.35.tar.gz); 
-- 英文マニュアルを一部作成.C++コードを一部手直した.それに関連して R コードを見直した.



** バージョン 0.34 [#b03c3ba3]
- Windows バイナリ,バージョン 0.34 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.34  
- Linux バイナリ,バージョン 0.34 
-- 日本語・文書ターム行列の作成関数を追加.また行列に重み(TF/IDF)をつけられるようにした.

** バージョン 0.33 [#td00455c]
- Windows バイナリ,バージョン 0.33 &ref(RMeCab_0.33.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.33 &ref(RMeCab_0.33.tgz); 
-- データフレームを第一引数として,第二引数で指定された列に含まれる日本語文章を解析して返す.

** バージョン 0.32 [#mc7aeb6b]
- Windows バイナリ,バージョン 0.32 &ref(RMeCab_0.32.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.32 &ref(RMeCab_0.32.tgz); 
-- ファイルを読み込んで形態素原型とその頻度表を作成し,データフレームとして返す関数を追加

** バージョン 0.2 [#d247125f]
- Windows バイナリ,バージョン 0.2 &ref(RMeCab_0.2.zip); 
- Macintosh バイナリ,バージョン 0.2 &ref(RMeCab_0.2.tgz); 
-- 形態素原型をえるオプションを追加

** バージョン 0.1 [#g8badd14]
- Linux  バイナリ,バージョン 0.1
-- とりあえず動くだけのもの.


// 以下,ヴァージョン番号を熟させ過ぎたので,以上のように修正した
//* バージョン 1.1 [#x27fa54a]
//- Windows バイナリ,バージョン 1.0 &ref(RMeCab_1.1.zip); 
//-- 形態素原型をえるオプションを追加
//- Macintosh バイナリ,バージョン 1.0 &ref(RMeCab_1.0.tgz); 
//-- 形態素原型をえるオプションを追加
//
//* バージョン 1.0 [#j24df273]
//- Windows バイナリ,バージョン 1.0 &ref(RMeCab_1.0.zip); 
//-- ただ動くだけ
//- Macintosh バイナリ,バージョン 1.0 &ref(RMeCab_1.0.tgz); 
//-- ただ動くだけ



* ご感想などのご報告 [#ab44b563]
//#article
お問い合わせはメールをください

ishida-m(この部分を"@"に変更下さい)ias.tokushima-u.ac.jp

[[開発秘話>hidden_R_Packages]] [#u48c7b65]



 $ export MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.3R CMD SHLIB  
 $ RMeCab.cpp -dynamiclib -L/usr/local/lib -lmecab
 $ tar -zcf RMeCab_0.68.tgz RMeCab