キー関係 - RとLinuxと...

RとLinuxと...


キー関係

Macの備忘録

ここから引用

  • fnキーの使用タイミングを逆にする

Macに標準でついてきたキーボードだと ファンクションキーに、音量の調整などの機能がついており、 アプリケーションの切り替えなどの機能を使いたい場合は、「fnキー」と同時押しと不便を強いられていました。

ということで、「fnキー」を押すと、音量調整などの機能が使えるように、fnキーを使うタイミングを逆にするには、

システム環境設定 > キーボードとマウス > キーボードタブ

 F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用 をチェック

  • f9(全アプリケーションでのウインドウ切り替え)

fnキーをおさないですむようになったので、 f9で全アプリケーションでのウインドウ切り替えができます。

デスクトップがやや黒くなって全ウインドウ(Docに最小化されているのは除く)が縮小して表示されるので、あとはキーボードの矢印キーから使いたいウインドウを選択。

  • command + tab (アプリケーションの切り替え)

Windowsのalt + tabと違って、ウインドウごとに切り替えることはできず、アプリケーション単位でしか切り替えられない。

alt + tab に近いのは前述のf9の印象。

  • command + tab ではアプリケーションしか切り替わらない。
  • command + f1 は同アプリケーションでのウインドウを切り替えれるので、 command + tabでアプリケーションを選択して、command + f1でウインドウを切り替えるのがよさそうだ(だが、これもDocに最小化しているものには切り替わらない)。
 
Link: Macの備忘録(2816d)
Last-modified: 2009-09-24 (木) 13:46:12 (3406d)