RMeCab - RとLinuxと...

RとLinuxと...


RMeCab

_ 基本

R と MeCab? の両方が既にインストールされているのならば R を起動し、コンソールで以下を実行すればRMeCabパッケージのインストールは完了です。

 # Windowsの場合
 install.packages("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R") 
 # Mac あるいは Linux の場合 
 install.packages("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R", type = "source") 

実行できるか、以下を試してみましょう。

library(RMeCab)
res <- RMeCabC("すもももももももものうち")
unlist (res)

次のように表示されれば、インストールは成功しています。

> unlist (res)
    名詞     助詞     名詞     助詞     名詞     助詞     名詞 
 "すもも"     "も"   "もも"     "も"   "もも"     "の"   "うち" 

質問などはこちらへ http://rmecab.jp/new/?forum=rmecab

MeCab?のインストールから始めたいという方は、以下、自身のOSに対応したセクションの解説を参照してください。http://sites.google.com/site/rmecab/ でも説明しています(内容はこのページと同じです)。

_ 『Rで学ぶテキストマイニング』データセット(2017年06月30日修正)

https://github.com/IshidaMotohiro/TextMining

_ RMeCab?の機能説明は別ページにしました.


管理人 について : 参考ページ 統計的言語処理: 旧バージョン保管庫 SoftArchive


RMeCabパッケージ

和布蕪ってのはこれ
  • 2017 年 07 月 10 日 RMeCab_0.99998 for R-3.4.1 公開 一部の関数で解析対象となる文書ファイル数を 512 に制限していたのを解除
  • 2017 年 04 月 24 日 RMeCab_0.99997 for R-3.4.0 公開 docMatrixDF()関数(データフレームのテキスト列から文書単語行列を生成の出力で、列名を OBS からROW に変更。各列は、もとのデータフレームの行(回答者)に対応する
  • 2016 年 12 月 27 日 RMeCab_0.99995 for R-3.3.2 公開
  • 2016 年 05 月 06 日 RMeCab_0.99994 for R-3.3.0 公開
  • 2015 年 12 月 18 日 RMeCab_0.99993 for R-3.2.3 公開 リファクタリングを予定しているため、ソースを整理しました
  • 2015 年 12 月 11 日 RMeCab_0.99992 for R-3.2.3 公開 Windows版で、解析対象とするファイルの名前がアスキー文字列でない(つまりファイル名が日本語の)場合に、一部の関数がファイルの存在を認識しないことを修正
  • 2015 年 04 月 17 日 RMeCab_0.9999 for R-3.2.0 公開 ユーザーのmecabrcファイルを指定する際、パスにチルダが含まれているとRごと落ちることを修正
  • 2014 年 03 月 10 日 RMeCab_0.9995 for R-3.0.3 公開 Mac/Maverick & Homebrew版Rに対応
  • 2013 年 12 月 17 日 RMeCab_0.9994 for R-3.0.2 公開 メモリ空間を拡張

Rここ から,自分のOSにあったファイルをダウンロードしてください.例えばWindows版なら,[Windows]->[base]とクリックし,R-3.*.*-win.exeをダウンロードします.後はダブルクリックを繰り返せばインストールできます.

  • グラフで日本語を正しく表示させるために設定ファイルを用意します。以下をR のコンソールで実行すると、ホームフォルダに .Rprofile というファイルが作成されます。以降、は起動時にこのファイル内部の設定を読み込むので、グラフなどで日本語が正しく表示されます。
    source ("http://rmecab.jp/R/Rprofile.R")
    # この設定は次回の起動から有効になりますので、いったんRないしRStudioを終了させます

なおRを終了させる際、[workspace(作業情報)を保存しますか] と聞いてきますが, No を選んでおきましょう。

_ Windows 版 RMeCab? (32/64 bit) インストール手順

http://code.google.com/p/mecab/downloads/list から mecab_0.996.exe をダウンロードしてインストールします.

インストール先は標準設定のままとします( C:\Program Files\MeCab あるいは C:\Program Files(x86)\MeCab となっているはずです) .また文字コードは Shit-Jis のままとします.

  1. Rを起動して,以下のように入力してEnterキーを押してインストールして下さい.別にMeCab?がインストールされていれば、これで完了です。
     install.packages ("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R")
    以上でインストールは完了です
    1. バイナリファイルをダウンロートしたい方は http://web.ias.tokushima-u.ac.jp/linguistik/win.htmlからどうぞ。

_ Windows版RMeCab_0.88までのインストール方法

_ Mac OS X 版 のインストール方法

  1. MeCab?のインストール
    1. 以下の方法でインストールしてください
      1. MeCabソースからのインストール まず開発環境をインストールしておく必要があります.「アプリケーション」の「ユーティリティー」フォルダにあるターミナルを起動します。以下のよう入力してEnterを押します。
        xcode-select --install
        xcode_c.png
        Xcodeを入手する必要はありません。コマンドラインツールだけをインストールします。ライセンスに同意すると、インストールが開始します。 MeCabをインストールします.なおHomebrew版MeCabを利用する場合はこちらを参照してください。 http://taku910.github.io/mecab/ からソース版mecab_0.996.tar.gz を取得します.
        和布蕪ってのはこれ
        続いて辞書mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz もダウンロードしてください(naist辞書を使うこともできます、このページ下を参照してください). terminalを起動して,ダウンロードしたフォルダに移動します.仮にこれを Downloads フォルダとします.
        $ cd Downloads 
        $ tar zxvf mecab-0.996.tar.gz #
        $ cd mecab-0.996
        $ ./configure --with-charset="utf8"
        $ make
        # もしも Symbol _libconv 関連のエラーが出た場合は
        #    $ make clean
        #    $  ./configure --with-charset="utf8" LDFLAGS="-liconv"
        #    $ make
        #    とやり直して下さい 
        $ sudo make install
             ##  もしも sudo make install を実行すると make Error , Permission denied などと表示される場合は次のようにしてください.
             ## $ chmod 700 install-sh
             ## $ sudo make install
         辞書もインストールします
        $ cd ~/Downloads
        $ tar zxf mecab-ipadic-2.7.0-20070****.tar.gz
        $ cd mecab-ipadic-2.7.0-20070****
        $ ./configure --with-charset="utf-8"
        # # ここでエラーが出る場合は PATH を通してみてください
        # # 以下の一行を実行します.
        # # $ export PATH=/usr/local/bin:PATH
        $ make
        $ sudo make install
        #    試してみる
              $ mecab
              すもももももももものうち
              すもも    名詞,一般,*,*,*,*,すもも,スモモ,スモモ
              も    助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
              もも    名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
              も    助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
              もも    名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
              の    助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
              うち    名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,うち,ウチ,ウチ
              EOS
              CtrlキーとC キーの同時押しで終了
              #  万が一 mecabが無いと言われた場合はPATHを通す
              # $ echo $PATH
              # # を実行して表示された内容に /usr/local/bin が含まれていない場合は
              # # ホームディレクトリに戻って
              # $ cd
              # # 次のコマンドを実行しておきます.
              # #  echo export PATH='/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.profile
              以上でMeCabのインストールは終了です。
    2. 準備が整ったので RMeCab?をインストールします。以下のように入力してEnterキーを押して下さい.これで完了です。
       install.packages ("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R", type = "source")
      以上でインストールは完了です
      1. バイナリファイルをダウンロードしたい場合for Mavericksあるいはfor Mountain Lionからもダウンロードできます。

_ Linux 版 のインストール方法

  1. Rのインストール 以下の(1-1)か(1-2)のいずれかの手順でインストールします。
    1. (1-1)レポジトリからRをインストール
      $  sudo echo "deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu ???/ " >> /etc/apt/sources.list  #???をUbuntuのバージョンに合わせて修正
      # 詳細は http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu/README.html
      $ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 51716619E084DAB9
      $ sudo apt-get update
      $ sudo apt-get install r-base
      $ sudo apt-get install r-base-dev
    2. (1-2) あるいはR をソースからインストールする。以下の手順に従って下さい(--enable-R-shlib オプションを付けてconfigureしてください)
      sudo apt-get install build-essential gfortran xorg-dev
      sudo apt-get install libreadline-dev libcairo-dev
      tar zxf R-3.2.2.tar.gz
      cd R-3.2.2
      ./configure --enable-R-shlib 
      make
      sudo make install
  2. MeCabをUbuntuレポジトリからか、あるいはソースからインストールしてください。
    1. (1-1)レポジトリからMeCab?をインストール
      sudo apt install  build-essential mecab libmecab-dev mecab-ipadic mecab-ipadic-utf8
    2. ソースからMeCab?をインストール http://taku910.github.io/mecab/ からソース版 mecab-0.996.tar.gzを取得します. 同じく辞書 mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz もダウンロードしてください(naist辞書を使うこともできます、このページ下を参照してください).バージョンを表す数字は適当に読み替えてください.
      1. terminalを起動して,ダウンロードしたフォルダに移動します.仮にこれを Downloads フォルダとします.
        $ cd Downloads
        $ tar zxvf mecab-0.996.tar.gz
        $ cd mecab-0.996
        $ ./configure --with-charset="utf8"
        $ make
        # もしも Symbol _libconv 関連のエラーが出た場合は
        #    $ make clean
        #    $  ./configure --with-charset="utf8" LDFLAGS="-liconv"
        #    $ make
        #    とやり直して下さい 
        $ sudo make install
        $ sudo ldconfig ## Linux ではこれが必要
      2. もしも sudo make install を実行すると make Error , Permission denied などと表示される場合は次のようにしてください.
        $ chmod 700 install-sh
        $ sudo make install
      3. 辞書もインストールします
        $ tar zxf mecab-ipadic-2.7.0-20070****.tar.gz
        $ cd mecab-ipadic-2.7.0-20070****
        $ ./configure --with-charset="utf-8"
        # ここでエラーが出る場合は PATH を通してみてください
        # 以下の一行を実行します.
        $ export PATH=/usr/local/bin:PATH
        $ make
        $ sudo make install
        # 今後のために PATH を追加しておくとよいでしょう
        $ echo $PATH
        # を実行して表示された内容に /usr/local/bin が含まれていない場合は
        # ホームディレクトリに戻って
        $ cd
        # 次のコマンドを実行しておきます.
        $ echo '/usr/local/bin:$PATH' >> .profile
  3. RMeCab?のインストール
    1. Rを起動して,以下のように入力してEnterキーを押してインストールして下さい.これで完了です。
       install.packages ("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R", type = "source")
      以上でインストールは完了です
      1. バイナリファイルはfor 32 bit あるいは for 64 bit でダウンロードできます。

_ 『Rで学ぶテキストマイニング』データセット(2015年12月17日修正)

解凍後,中に含まれる data フォルダをドライブの先頭にコピーして,RMeCab?.R ファイル内のコードを実行します.詳しくはフォルダ内の README_RMeCab?.txt を読んでください.

_ RMeCabで辞書を指定

_ naist-jdicを使う

ここ を参照してください。

_ UniDic? を使う

ここ を参照してください。

_ ソースファイルは以下に置いています。

https://github.com/IshidaMotohiro/RMeCab

_ FAQ

  • Q) RMeCab?の諸関数にファイルではなく、文字列を渡したい
  • A) 以下のようにしてください。
# # その1
tmp <- textConnection("kawabata", "w")

writeLines ("国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落とした。雪の冷気が流れ込んだ。",con =  tmp)
textConnectionValue(tmp)
readLines(tmp)

library(RMeCab)

RMeCabC(tmp)

RMeCabFreq(tmp)

close(tmp)

# # その2
dummy <- c ("私は真面目な学生です。", "彼女は数学専攻の学生です。", "彼らは物理学を専攻している。")
tmpdir <- tempdir ()

for (i in seq(dummy) ){
   td <- tempfile("tmp", tmpdir = tmpdir)
   write( dummy [i] ,  file = td)
   if (file.exists (td)) cat( td, "exists", "\n")
}

library (RMeCab)
x <- docMatrix (tmpdir)
x
  • お問い合わせはメールをください.関数の追加についても,気楽にご相談ください.

石田基広

ishida-m(この部分を"@"に変更下さい)ias.tokushima-u.ac.jp

_ R の参考書

テキストマイニングのためのツール: データ解析・グラフィックス環境 R から日本語形態素解析ソフト和布蕪(MeCab)を呼び出して使うインターフェイス

 
添付ファイル: filexcode_c.png 3779件 [詳細] filedata.png 459件 [詳細] filemacdownload.png 918件 [詳細] fileRMeCab_0.9905_R_i686-pc-linux-gnu.tar.gz 527件 [詳細] filexcode4.3.png 1106件 [詳細] filemacR.jpg 903件 [詳細] fileusrEnv2.jpg 1201件 [詳細] fileusrEnv.jpg 1148件 [詳細] filemanual.pdf 22083件 [詳細] fileRealMecab.png 2743件 [詳細] filemecab.PNG 1150件 [詳細] filekumo.PNG 1175件 [詳細] filesushi.txt 760件 [詳細]
Last-modified: 2017-07-24 (月) 15:44:52 (1d)