R_old_tips5 - アールメカブ

アールメカブ


R_old_tips5

R_old_tips4

_ 因子の組み合わせinteraction

p.89

> x <- data.frame(Age = c(20,20,30,30,30), 
                  Sex =c("F","M","M", "F", "F"),
                   Data = c(1,2,3,4,5))
> x
  Age Sex Data
1  20   F    1
2  20   M    2
3  30   M    3
4  30   F    4
5  30   F    5
> x$Combi <- interaction(x$Age, x$Sex ,drop = TRUE)
> x
  Age Sex Data Combi
1  20   F    1  20.F
2  20   M    2  20.M
3  30   M    3  30.M
4  30   F    4  30.F
5  30   F    5  30.F

因子の組み合わせの中に,該当データがない場合は注意

_ rgl パッケージを利用しようとしたらエラーが

configure: error: missing required header GL/gl.h
freeglut3, freeglut3-dev, libgl1-mesa-dev, libglu1-mesa-dev, 
mesa-common-dev,xlibmesa-gl-dev 

を追加する.

_ RでCairo

久しぶり Ubuntu で Lattice グラフを作成しようとしたら

semi-transparency not supported on device 

のメッセージ.R-2.9.0 から Cairo 周りが強化されたためか.慌てて Cairo 関連のライブラリ libcairo2 など追加.

sudo apt-get install libcairo2-dev
sudo apt-get install libxt-dev

R もコンパイルし直した.

_ Ubuntu 9.04 + ghostscript8.64 で eps に日本語

Ghostscrip がバージョンアップするたびに,設定の調整が必要になる...

ghostscript設定など、奥村さんのページが参考になった。 ほかにこことここR_font.size

Ubuntu 9.04

gs-cjk-resource
cmap-adobe-japan1
cmap-adobe-japan2

をインストールし、また cidfmap は作成しないで

grDevices::X11.options
 (fonts = 
   c("-vlgothic-gothic-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-0", 
  "-adobe-symbol-*-*-*-*-%d-*-*-*-*-*-*-*"))

ps.options(family= "Japan1GothicBBB")

# あるいは

ps.options(family= "Japan1Ryumin")
plot(1:10, 1:10, main ="テスト", cex = 1.2)
dev.copy2eps(file = "~/Document/tmp/test.eps")

で OK

あるいは

ps.options(family= "Japan1")# HeiseiKakuGo-W5
plot(1:10, 1:10, main ="テスト", cex = 1.2)
dev.copy2eps(file = "~/Document/tmp/test.eps",
                    family= "Japan1GothicBBB")
 
Link: R_old_tips4(98d) R_font.size(1248d) R_eps(3803d)
Last-modified: 2019-07-17 (水) 09:05:15 (98d)