Architecture - RとLinuxと...

RとLinuxと...


Architecture

Programming

ここここを参考に

32 ビット・オブジェクト ( 32ビット・コンパイラとして動作するが、明示的に、32 ビット・オブジェクト生成を指定する、-m32 オプションを付加している。)

$ gcc -m32 -o test32.o test.c
$ ldd test32.o # otool -L test32.o
       libc.so.1 =>     /usr/lib/libc.so.1
       libdl.so.1 =>    /usr/lib/libdl.so.1
       /usr/platform/SUNW,Sun-Blade-100/lib/libc_psr.so.1
$ file test32.o
test:           ELF 32-ビット MSB 実行可能 SPARC バージョン 1[動的にリンクされています][取り除かれていません]

64 ビット・オブジェクト

$ gcc -m64 -o test64.o test.c
$ ldd test64.o # otool -L test64.o
       libc.so.1 =>     /usr/lib/64/libc.so.1
       libdl.so.1 =>    /usr/lib/64/libdl.so.1
       /usr/platform/SUNW,Sun-Blade-100/lib/sparcv9/libc_psr.so.1
$ file test64.o

test: ELF 64-ビット MSB 実行可能 SPARCV9 バージョン 1[動的にリンクされています][取り除かれていません]

 
Link: Programming(2853d)
Last-modified: 2010-04-25 (日) 14:29:02 (2983d)