Atok_X3 - RとLinuxと...

RとLinuxと...


Atok_X3

Linuxの備忘録

Atok の削除

$ /opt/atokx3/sbin/setupatok.sh -u

Atok のインストール方法

1. ダウンロードサイトにて、ATOK X3 for Linuxアップデートモジュールをダウンロードします。

以降の手順は、/tmp/atokx3/ディレクトリに保存した場合を例として説明します。

2. ダウンロードしたATOK X3 for Linuxアップデートモジュールを展開します。

     $ cd /tmp/atokx3
     $ tar xzf atokx3up1.tar.gz

3. CD-ROMドライブに、ATOK X3 for LinuxのCD-ROMを入れます。

4. GNOMEやKDEなど、デスクトップにログインしている ユーザーがいれば、すべてログアウトします。

5. [Ctrl]+[Alt]+[F2]キーを押します。 仮想端末に切り替わります。

Gnome 端末からすべてを行った。

6. 「root権限で実行するコマンドを、sudoで実行できるユーザー」でログインします。

7. 言語を変更します。

     $ export LANG=C

8. 次のコマンドを実行して、CD-ROMをマウントします。 $ sudo mount -r -t iso9660 /dev/cdrom /media/cdrom

9. 次のコマンドを実行して、空のファイル「/etc/gtk-2.0/gtk.immodules」を作成します。

     $ sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules

※「gtk.immodules」の「gtk」と「immodules」の間にはドット(.)が必要です。

10. 次のコマンドを実行して、ATOK X3 for Linuxをインストールします。

     $ cd /media/cdrom
     $ sudo bash ./setupatok_deb.sh

11. 次のコマンドを実行して、ATOK X3 for Linuxアップデートモジュールを適用します。

     $ cd /tmp/atokx3/atokx3up1
     $ sudo bash ./setupatok_up1_deb.sh

12. ATOK X3 for Linuxの起動設定を行うため、次のスクリプトを実行します。

     $ sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh

13. ATOK X3 for LinuxのCD-ROMを取り出します。

     $ sudo eject /media/cdrom

14. ログアウトします。

     $ exit

15. [Ctrl]+[Alt]+[F7]キーを押します。 デスクトップログインの画面に戻ります。

16. 任意のユーザーで新しくログインします。 ATOKが使えるようになります。

ただし、Emacs21で操作すると、変換候補が文字化けする。 そこで、Emacs22をデフォルトにした。emacs.ubuntu.Atok.elを作成. また右下にAtokと白抜きで大きく表示されるのでじゃまくさい。 Xemacs用の設定である

ホームディレクトリ直下に「.Xresources」というファイルを作成し、そのファイルに次の1行を記述します。  Emacs*ximStyles: XIMPreeditPosition?|XIMStatusNothing?

を実行してもうまくいかん。 そこで、ここ を参考に以下の処理を行った。

$ gunzip iiimf_status_hide.gz
$ chmod 777 iiimf_status_hide
$ sudo cp -av iiimf_status_hide /opt/atokx3/sample/
$ sudo vi /etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf

と実行して管理者権限でiiimfファイルを開き、最後の行に /opt/atokx3/sample/iiimf_status_hide の一行を書き加えて保存

さらに,ここを参照して,Emacsのインライン入力にしたかったのだが,どうも,うまくいかない. ここ にあるようになってほしいのだが。

$ ~/progSource/Atok$ tar zxf IIIMECF-0.75.tar.gz 
$ ~/progSource/Atok$ cd iiimecf/
$~/progSource/Atok/iiimecf$  emacs \\
   -q --no-site-file -batch -l iiimcf-comp.el
Loading subst-ksc...
Loading subst-gb2312...
Loading subst-big5...
Loading subst-jis...
Remove old byte-compiled files-----
Compiling 1st stage-----

In iiimp-open-network-channel:
iiimp.el:454:8:Warning: \\
  `process-kill-without-query' is an obsolete function
   (as of Emacs 22.1); use `process-query-on-exit-flag' or
   `set-process-query-on-exit-flag'.

In iiimp-enable-async-invocation:
iiimp.el:490:8:Warning: \\
  `make-local-hook' is an obsolete function\\
  (as of Emacs  21.1); not necessary any more.
In end of data:
iiimp.el:2935:1:Warning: \\
   the following functions are not known to be defined:
   find-coding-system, char-to-ucs, ucs-to-char
Wrote progSource/Atok/iiimecf/lisp/iiimp.elc

In end of data:
iiimcf.el:1568:1:Warning: \\
 the following functions are not known to be defined:
   event-to-character, character-to-event, event-key,  
   dispatch-event,
   next-event, iiimcf-server-control-get-hotkeys-by-label
Wrote /home/ishida/progSource/Atok/iiimecf/lisp/iiimcf.elc

In iiimcf-UI-insert-preedit:
iiimcf-UI.el:558:17:Warning: \\
  assignment to free variable  `jit-lock-first-unfontify-pos'
Wrote /home/ishida/progSource/Atok/iiimecf/lisp/iiimcf-UI.elc

In end of data:
EIMIL.el:934:1:Warning: \\
 the following functions are not known to be defined:
   compiled-function-arglist, compiled-function-instructions,
   compiled-function-constants, compiled-function-stack-depth
Wrote /home/ishida/progSource/Atok/iiimecf/lisp/EIMIL.elc 
Wrote /home/ishida/progSource/Atok/iiimecf/lisp/PCE.elc

In end of data:
iiimcf-sc.el:801:1:Warning: \\
  the following functions are not known to be
   defined: maker-position, mark-position
Wrote /home/ishida/progSource/Atok/iiimecf/lisp/iiimcf-sc.elc
$ sudo mkdir /usr/share/emacs/site-lisp/iiimecf
$ sudo cp lisp/* /usr/share/emacs/site-lisp/iiimecf

;; ;;;;;;;;;;;;

 (setq emacs-ime "atokx3")
(if  (equal emacs-ime "atokx3")
    (progn
      (require 'un-define)      
      (setq coding-category-utf-8 'utf-8)
      (setq iiimcf-server-control-hostlist '("unix")) ; 
      ;(setq iiimcf-server-control-hostlist '("localhost")) ;
      (setq iiimcf-server-control-default-language "ja")
	  (setq current-input-method 'iiim-server-control)
      (setq default-input-method 'iiim-server-control)
      (require 'iiimcf-sc)
      (define-key global-map "\C-\\" 'toggle-input-method)
      ;(setcar default-mode-line-format "")
    )
)

スペースを半角にする [入力・変換]シートに切り替え、[入力補助]を選択

 
Last-modified: 2011-01-20 (木) 17:22:33 (2887d)