Certification - RとLinuxと...

RとLinuxと...


Certification

iPhone_Dev

ここ を参考にした

_ 開発環境を複数にする作業の手順

公式サイトの説明

It is critical that you save your private key somewhere safe in the event that you need to develop on multiple computers or decide to reinstall your system OS. Without your private key, you will be unable to sign binaries in Xcode and test your application on any Apple device. When a CSR is generated, the Keychain Access application creates a private key on your login keychain. This private key is tied to your user account and cannot be reproduced if lost due to an OS reinstall. If you plan to do development and testing on multiple systems, you will need to import your private key onto all of the systems you’ll be doing work on.

  1. To export your private key and certificate for safe-keeping and for enabling development on multiple systems, open up the Keychain Access Application and select the ‘Keys’ category.
  2. Control-Click on the private key associated with your iPhone Development Certificate and click ‘Export Items’ in the menu. The private key is identified by the iPhone Developer: <First Name> <Last Name> public certificate that is paired with it.
  3. Save your key in the Personal Information Exchange (.p12) file format.
  4. You will be prompted to create a password which is used when you attempt to import this key on another computer.
  5. You can now transfer this .p12 file between systems. Double-click on the .p12 to install it on a system. You will be prompted for the password you entered in Step 4.

_ 非公式サイト

  1. キーチェーンアクセスアプリを立ち上げて、ログイン項目の証明書欄を開く
  2. iPhone Developerの証明書に含まれる暗号鍵を右クリックして、「証明書を書き出す」を選択する
  3. 証明書を個人情報交換(.p12)で保存する ← この形式がポイント!
  4. インポートするとき 入力するパスワードを訪ねられますので、強度のあるパスワードで保存してください
  5. この.p12ファイルを安全に別Macに持って行き(盗難・紛失に注意)、ダブルクリック
  6. ステップ3で入力したパスワードを入力。

_ まとめ

  • アカウント1個だけでも複数のMac(Provisioning)で開発ができる(知らなかった)
  • バイナリに自分の証明書で署名するには暗号鍵が必要
    • 暗号鍵の書き出しにはp12形式で書き出すこと。cerだとダメ。
  • でも使用しているユーザ名が各Macで同じだと.cerファイルだけでも動かせるらしい
    • ここが不思議。何でだろう??
    • p12形式は証明書をバックアップしておくのにも役立つ
    • cerだとアプリを作成する証明書としては不完全
    • ただし管理には十分注意すること。本当に注意すること

_ ここにも情報

  • Xcode と iPhone SDK を Macbook から Mac mini へ移行。
  • Macbook で、 Developer Cert と Distribution Cert の private key を p12 フォーマットで export。
  • パスワードで保護された private keys を Mac mini へ scp なり Dropbox なりで転送。
  • Mac mini で .p12 フォーマットの private keys をダブルクリックして login キーチェインにインストール。
  • iPhone Developer Program Portal で WWDR intermediate certificate (AppleWWDRCA.cer) をダウンロード。 ダブルクリックで login キーチェインにインストール。
  • iPhone Developer Program Portal > Certificates で以下の certificates をダウンロード
    • Development Certificate (developer_identity.cer)
    • Distribution Certificate (distribution_identity.cer)
  • ダブルクリックで login キーチェインにインストール。
  • iPhone Developer Program Portal > Proviosning で以下の provisioning profiles をダウンロード。
    • Development Provisioning Profile (Grid_5_Development_Provisioning_Profile.mobileprovision)
    • Ad Hoc Provisioning Profile (Grid_5_Ad_Hoc_Provisioning_Profile.mobileprovision)
    • Distribution Provisioning Profile (Grid_5_Distribution_Provisioning_Profile.mobileprovision)

mkdir -p ~/Library/MobileDevice?/Provisioning\ Profiles/ mv ~/Downloads/*mobileprovision !$ (ダブルクリックでインストールするとわかりにくい ID でインストールされてしまうので。)

  • Xcode の preferences を再設定 (e.g. インデントをコーディングコンベンションに合わせて設定)。
  • .dotfiles をチェックアウトして、~/.subversion は ~/.dotfiles/.subversion への symlink に。 各プロジェクトをチェックアウト。プロジェクトをビルドしてみたところ問題なさそう。
 
Link: iPhone_Dev(3454d)
Last-modified: 2009-10-31 (土) 22:38:25 (3517d)