Mac_TFM_FONT - RとLinuxと...

RとLinuxと...


Mac_TFM_FONT

Texの備忘録

R のパッケージを Mac で R CMD check すると

* checking RMeCab-manual.tex ... ERROR [#m25e4f6e]
LaTeX errors when creating DVI version.
This typically indicates Rd problems.
LaTeX errors found:
! Font T1/cmr/m/n/10=ecrm1000 at 10.0pt not loadable: 
      Metric  (TFM) file not found.

というようなエラーが出てdvi ファイルが作れないとおこられる。そこで以下の対策をとる。

mi:tfm ishida$ pwd

/usr/local/teTeX/share/texmf/fonts/tfm

mi:tfm ishida$ sudo mv /Users/ishidamotohiro/Downloads/\
  jis-tfm jis
mi:tfm ishida$ ls
  ascgrp/ jis/    ptex/   public/
mi:source ishida$ pwd
/usr/local/teTeX/share/texmf/fonts/source
mi:source ishida$ ls
ascgrp/ ptex/
 mi:source ishida$ sudo mv \
   /Users/ishida/Downloads/jis-pl jis

ここのページを参考にした。 以下はそのページからの引用。

引用です

奥村氏のpLaTeX2e 新ドキュメントクラスにちゃんと書いてある.良く見ていなかった.

【対策】上記のページから jis-tfm.zip と jis-pl.zip を落として解凍し, できたフォルダの名前をそれぞれ jis に変えて    $PREFIX/share/texmf/fonts/tfm と    $PREFIX/share/texmf/fonts/source に移動する.ここで $PREFIX は僕の場合,$PREFIX=/usr/local/teTeX

 あと,実際に必要かどうか不明だが(これから調査),アスキーのページから jis.tar.gz を拾ってきて解凍し,フォルダ vf の名前を jis に変えて    $PREFIX/share/texmf/fonts/vf の中に移動しておく.

 最後に sudo mktexlsr を実行.これで platex のエラーが出なくなる.

【参考】 jis.tar.gz を解凍すると jis.map というテキストファイルが出来るが,この内容は既に    $PREFIX/share/texmf/fonts/map/dvips/ptex/psfonts_jp.map の中に書かれており,この psfonts_jp.map は    $PREFIX/share/texmf/dvips/config/config.ps の中で読むように指定されている.よって jis.tar.gz の README.txt に書かれている jis.map 関連の作業を行う必要はない.このあたりは pTeX のバージョンアップに伴い TeX を日本語化する方法が統合されてきたことを反映しているのだろう.

 
Link: Texの備忘録(2799d) Ubuntu8.10-2(3591d)
Last-modified: 2008-04-02 (水) 12:33:44 (3943d)